初めての登壇ではリハーサルをビデオに撮ること。初心者がチェックすべき一番のポイントは「ひとり連想ゲーム」??

 

社内研修の準備・パフォーマンス編です。

 

私は新しい企画の研修やセミナーをやるときは

事前に会議室を半日借りてリハーサルをします。

本番と同じ服装、同じ道具、同じセッティング、同じ時間配分で。

 

このとき大事なのが

ビデオで撮影することです。

自分の姿をビデオで客観的に見ないと、リハーサルの意味がありません。

 

立ち位置、姿勢がちゃんと定まっているか、

ムダな動きがないか、

表情はイケてるか

・・・などなど、チェックすべきポイントはたくさんありますが、

 

初心者が最初にチェックすべきことが一点あります。

「センテンスを言い切っているか」

 

どういうことかというと、、、、

 

「これから始める研修は・・・研修とはいっても夜には懇親会もありますけど・・あ、懇親会は楽しみにしてくださいね。いま話題の◯◯の店・・・って知ってますか?最近テレビでよく見かけるやつです。といってもみなさん残業続きでテレビなんか見てないですよね、ハハハ」

 

あれ?「これから始める研修」の説明はどこいった???

 

ひとり連想ゲームというやつです。

センテンス(主語・述語)が完結する前に、いま口に出した単語から連想したことを新たに話し始めています。

「何を言いたいのかわからない」と言われる一番の原因です。

 

これ、話している本人は気づかないんですよ。

「先生」と呼ばれる人でもよくあります。周りが注意してくれないので。

だからビデオに撮って、自分で見返さないといけません。

 

ひとり連想ゲームになってしまう原因は2つです。

1 準備不足、シナリオを作っていない

2 サービス精神が強すぎて、あれもこれも言いたくなる

 

なので解決策としては

1 シナリオを決めて、その通りに話す練習をしておく

2 何か連想しても、話が一段落するまで我慢する。

 

プロの講師は毎回、一言一句まったく同じ話をしているものです。

落語家も役者もそうですよね。

毎回話すことが変わるのは、自分のものになっていない証拠なんです。

 

まずはセンテンスを正しく話すこと。

抑揚とかジェスチャーとかは、そのあとです。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス