具体的な地名を出すと、当てはまる相手が狭くなるどころか無限に広がる

 

私のプロフィールには、必ず

「1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)」

と入れています。

 

東京でセミナーをやるときは、

いま住んでいる埼玉、大宮をよくネタにします。

 

 

すると、セミナーのあとに

「私も青森出身なんです」

「春から仙台支店に異動なんです」

「若いころ埼京線で通学してました」

なんて声をかけてくれる方が多いんです。

 

特定の地名を入れると、当てはまる相手が狭くなりそうな気がしますが、

逆なんですよ。

 

「地方出身です」では、誰にも刺さらない。

でも「青森生まれです」というだけで、

いま青森に住んでいる人、青森出身の人、青森に行ってみたい人、青森に友だちがいる人、青森に旅行したことのある人、青森を謎多き最果ての地だと思っている人、先祖が斗南藩だったという会津の人、遮光器土偶は宇宙人だと信じている人、田んぼアートを研究したい美大生、ピコ太郎のファン、イタコに呼んでほしい故人がいる人・・・

などなど、グサッと刺さるパターンが無限に広がるんです。

 

 

自己紹介するとき、ブログを書くとき、人前で話すとき、

地名を具体的に入れましょう。

相手の反応が目に見えて変わります。



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス