公務員試験「氷河期世代枠」を受けるなら、まずは「非正規雇用コンプレックス」を捨ててマインドを変えることが大事である件

先日、公務員試験の「氷河期枠」をご紹介しました。(こちらの記事です)

 

こういう中途採用枠を受けるときに大事なのが

「非正規コンプレックス」を捨てること。

 

「所詮バイトだから、正社員の人より負けている(メソメソ)」

それ、錯覚ですから!

「正社員か非正規か」なんて、

働いてる人間の価値には関係ないですから!

 

 

学生時代、オーストラリアに一人旅をしました。

飛行機の隣の席にフリーターの女の子がいまして、

いろいろおしゃべりしていたんです。

 

現地に着くと入国カードを書いて出します。

職業欄に、私は「student」。ノープロブレムです。

 

ところがフリーターの女の子、

「part time job」と書いたところ、入国審査で

「で、パートタイムで何の仕事しとんのや?」

としばらく問い詰められていました(笑)

 

パートとかバイトとか派遣というのは

会社との契約の形に過ぎないのであって、

職業そのものを指すんじゃないんですね。

 

ショップの販売員であれば「sales staff」だし、

居酒屋の店員なら「waiter」なわけです。

その仕事を自分の意思で真剣にやっていれば、「プロ」です。

 

自分をどう定義するかという問題です。

「バイトやってました」なのか

「接客業のプロです」なのか。

もちろん「人を喜ばせるプロ」でも「書類やモノを整理するプロ」でもいいですよ。

 

中途採用枠では論文でも面接でも

「これまでの職務経験でどんな問題解決をしてきたか」を聞かれます。

したがって、これまでの経験を自分で整理して

「セールスポイント」として語れるようにしておく必要があります。

(フリーで活躍している人は、これが上手いんです!)

 

「しがない非正規雇用の私」ではなく

「◯◯のプロとしての私」を語りましょう。

 

あなたの人生の価値を決めるのは

会社との契約ではありません。

自分で自分をどう定義するか、その切り口次第です。

 

 

ちなみに内閣府、厚生労働省とも

出願締切は1月10日です!!

内閣府の小論文は急がないとですね。

 

鈴木鋭智のミニ講義動画・再生リストです↓
https://www.youtube.com/playlist?list=PLKuHE3ttR6LAmKyfqPF694JbpXEZdbkt5

出願書類を書く前に、面接関連の動画を一通り見ておくといいですよ!

<メルマガ【ミニマル思考】2019.12.28 Vol.0487>




《新サービスのお知らせ》

■『ビジネス文書「なんでも添削&コンサル」パック』
1月期の募集は1月25日まで
http://suzukieichi.com/nandemotensaku/

《セミナーのお知らせ》

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス