「うちの上層部、考えが古いんですよ!

経営陣を入れ替えないと会社に未来はない!」

 

なんて息巻いている若手社員によく会います。

会社の将来を視野に入れた、志の高い若者に見えますが、

 

そもそもなぜそんな改革を訴え始めたのか

よくよく聞いてみると、

 

「成果を出したのに昇給も昇進もなかった」

「なんで同期のあいつの方が優遇される?」

 

なんて個人的な不満だったりするんですよね。

 

 

だったら、遠回りな会社の改革に挑む前に

待遇面で不満があることを上司に相談してみましょうよ。

 

あるいはライバルの同期に圧勝するための努力をしましょうよ。

 

 

それなのに、

直属の上司に言えなかったり、

どう努力すればいいかわからなかったりすると、

 

 

「経営陣に悪い奴がいる」

 

 

怒りの矛先がズレてしまうんですね。

 

 

 

家で嫌なことがあって店員に八つ当たりするクレーマーや

日本人であること以外に自慢できるものがないので外国人を叩く人たちも

戦う相手がすり替わっているという点では同じです。

 

 

人間は

戦う相手をよく間違える。

 

『ざんねんないきもの事典』風に言ってみました。

 

─────────────────────────────────

《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs



《日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ》

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。