761982d4d843fba075d0e88089307866_s

デパートに子供服を買いに行ったときです。

ミキハウスの売り場で店員さんに相談すると、

「うちではそういう感じのはご用意がないんです……。でも、

ファミリアさんだったらあるかもしれません」

その店員さん、ファミリアの売り場まで連れて行ってくれました。

さすがです。
次に買うときも、とりあえずミキハウスに来てこの人に相談しようと思いました。

 

一方、ハンバーガーショップでこんなことも。

店に来たおばあさんが、注文してお金を払うとき、

「ウェットティッシュないかしら?」

「えーと、ウェットティッシュはないんです。すみません」

……終了。

 

店の入口の横に手洗い場があるのに!

ウェットティッシュが欲しいということは「手を洗いたい」ということなのに!

「手洗い場ならそちらをご利用ください」と一言添えればいいのに!

 

 

「否定語で終わらず、肯定語で締める」これは説明の基本です。

「ここにはない」で終わらず「△△にはある」まで加える。

「◯◯するな」で終わらず「△△してほしい」まで加える。

否定語だけで終わると、ではどうすればいいのかわかりません。

肯定語で言われると、人は行動することができます。

 

 

バスの中のアナウンスといえば「走行中は席を立たないでください」という否定語でしたが、

それでも乗客はバス停に停まる直前に立ち上がります。

早く降り口まで行かないと、バスが発車してしまうかもという不安があるからです。

特に歩くのが遅いお年寄りは気が焦るので走行中でも立ち上がります。

で、ブレーキでよろける。危険です。

 

最近、一部のバスではアナウンスが変わってきました。

「バスが停車してから席をお立ちください」

これならゆっくり待ってくれそうな気がしますね。

 

人を動かしたいなら、否定語ではなく肯定語。

「◯◯するな」ではなく「△△してください」。

ロジカルコミュニケーションの基本です。

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。