予備校から社会人教育へ「転職」?した理由

 

「なんで『受験の専門家』なのにビジネスマンに教えてんの?」

 

よく聞かれます。

 

ビジネス書を初めて出版したときも言われました。

 

「ビジネス書って経営者とかコンサルタントが書くものでしょ? 予備校の先生なのに、何で?」
(当時はまだ代ゼミ講師でした)

 

 

自分としては自然な流れだったんですけどね(笑)

 

 

代ゼミ時代から自分を「受験のプロ」とか思ったことはなくて、

「ロジックを教える人」という認識だったんです。

 

 

たまたま現代文(ロジック)と小論文(問題解決)という2つの科目を担当できたのはラッキーでした。

これがなかったら、自分の得意分野に気づいていなかったかもしれません。

 

 

で、

受験の国語よりもロジックが重視されるのが

ビジネスのコミュニケーションで、

 

受験の小論文よりも実利に直接コミットできるのが

ビジネスの問題解決だったんです。

 

 

なので自分としては「ロジックと問題解決」というコアな部分はまったく変わらず、

相手が受験生か社会人かというのは大きな違いではないんですね。

 

 

2014年に代ゼミの経営が、まあ、アレになりまして(苦笑)

講師も職員も大慌てで転職先を探し始めたわけですが、

私だけ呑気に構えていられたのは、すでにSMBCビジネスセミナーに登壇していたからです。

 

 

もし自分を「受験の専門家」と定義していたら、

同じ予備校業界の中で転職していたと思います。

ギャラも代ゼミ時代の半分以下に下げられて。

(ライバル予備校からみたら、代ゼミの講師を安く買い叩くチャンスですからね)

 

 

多分に運とタイミングに助けられてもいますけど、

自分をどう定義するかって、人生を大きく左右します。

 

 

ちなみに、代ゼミの職員で私が知る限り一人だけ

転職で成功した人がいます。

彼が選んだのは、映画DVDの字幕翻訳。

 

某転職エージェントは「予備校職員だから、高校とか大学の職員はどうでしょう?」みたいなベタな提案をしてきたそうです。

それくら転職エージェントじゃなくても言えるだろって感じですが。

 

でも、彼は「予備校の営業マン」である以前に「海外旅行が大好き」な人だったんです。

「外国大好き!」みたいな衝動があれば、翻訳業の実務的なあれこれなんてすぐにクリアできるんですね。

 

自分をどう定義するか、大事です。

 



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00【NEW!!】

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2019年11月18日(月) 10:00〜 17:00
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2

◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス