いま、リビングに

ルービックキューブが置いてありまして。

 

 

下の2段は揃ったのですが、

最後の1段ができない。。。

 

子どもの頃は1分20秒でできたんですけどね。

 

 

動かし方を思い出すというより、

ここから先は自分で解き方を発見しようと粘っています。

 

 

6年生のとき、日本にルービックキューブが上陸しました。

 

父が東京出張でお土産に買ってきてくれたのですが、

(ついでにマニュアルまで、どこかでコピーしていました)

 

八戸ではまだ流行っていない。売ってない(笑)

当時は情報もモノも伝わるのが遅かったんです。

 

 

なので、学校で流行り始めた頃には

6面完成できるのは私だけという一人勝ち状態でした(笑)

 

ある日、チャイムが鳴ると、

担任の先生がルービックキューブをカチャカチャやりながら教室に入ってきたんですよ。

 

「これさあ、どうなってんだ?

誰かできる人いる?」

 

「ボクできますよ。早いっすよ」

 

と、先生の目の前でチャチャッと完成させました。

 

「鋭智、おまえすごいな!

どうやんの? 教えてくれない?

千円払うからさ!」

 

クラスには自習させているあいだ、先生にやり方を教えました。

親父がコピーしてきたマニュアルの通りに図まで描いてあげました。

 

 

そして、約束通り千円ゲット!

 

 

これが人生で初めて「自分でお金を稼いだ瞬間」でした。

「ノウハウを人に教えると、お金になる」ということを知った瞬間でもあります。

 

 

いまだったらヤフーニュースが大騒ぎするかもしれませんが(笑)

(この先生、このあと海外の日本人学校の校長を歴任されて既に定年を迎えたはずなので、時効ですよ時効)

 

 

ただですね、この件についてはちょっと後悔があるんです。

 

あのとき千円もらって先生に教えたルービックキューブの攻略法、

自分で考えたわけではなく、親父がコピーしてきたマニュアルなんですよね。

 

なんか、他人のネタをパクってお金を稼いだような罪悪感。。。

 

 

この反動でしょうかね?

セミナーでも執筆でも「オリジナルのコンテンツ」にこだわってしまうのは。

 

 

せめて、子どもの前では

自力で攻略法を見つけて

6面そろえるパパでありたいものです。

 

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》

◆2019年06月17日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2KbM7iF

◆2019年06月17日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2UwK9gR

◆2019年07月10日(水) 15:30~17:30
〈人事・部門教育ご担当者様向け かんき出版無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ

◆2019年07月16日(火) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2JWyxOz

◆2019年07月16日(火) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2QcPl4Y


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。