小学生のランドセルが重すぎる問題というのがありまして、

 

1年生のランドセルの中身(教科書やノートなどなど)が2キロ(!)

高学年になると、ランドセルと勉強道具と楽器や体操着などを合わせて6キロにもなるそうです。

 

 

星飛雄馬か?

 

 

その対策として、

文部科学省が「置き勉」を認める方向だとの報道が。

置き勉とは、教科書などを学校に置きっぱなしにすることです。

 

 

ふーん。。。

「教科書と副教材を減らす」という発想にはならないんですね(笑)

 

 

盗難、紛失、イタズラが頻発して「やっぱり置き勉は禁止」に戻ることが容易に予想されます。

 

 

私自身の子ども時代を振り返ると、

授業が楽しくて印象に残っている先生たちは

みんな教科書なんか使わない人でした。

 

 

中学1年のときの社会の先生が何かのついでに話した一言。

「ユーゴスラビア。チェコスロバキア。ほら、国名にスラブ民族って入ってる」

 

 

いまでも覚えているんですよ。

 

 

国名に意味や由来があることとか、

しかもヨーロッパの言語は微妙に発音が変わることとか、

中1の私にスコーーーン!と刺さるものがあって、

地球儀の見方が変わりました。

 

 

この先生にはよく怒られたし殴られたので大嫌いでしたが、

教科書を使わなくても「教えたいこと」が溢れて止まらないという意味では

プロだったなあと思います。

 

 

置き勉を許可するよりも、

そもそも教科書って必要?

そこから考え直してもいいんじゃないかと思います。

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。