私のロジカルライティング研修では

「身の回り、または社会の問題を挙げて、それに対する解決策を述べなさい」

という課題をよく出します。

 

書き方というより、論点の整理法を学ぶワークです。

 

 

これが一番難易度が高いというか・・・

ルールを聞くと簡単なのに、自分の頭を切り替えるのが難しいんです。

 

〈外国人に対する偏見が問題だ。学校で多様性を教育するべきだ〉

 

「生徒がちゃんと先生の話を聞いてくれたとして、

その子たちが大きくなって社会の多数派になるまで何十年かかる?」

というツッコミも可能なんですが、

 

今回は敢えて、違う角度からのツッコミを。

「ところで偏見って、問題ですか?」

「えっ?・・・」

 

「実害ベースで考える」というのを理解してほしかったんですよ。

 

心の中で外国人を嫌うこと自体は、誰にも迷惑かけていません。

 

「◯◯人は△△だからww」と言ってからかわれたら、

言われてムカつく人も、笑って済ませる人もいるでしょう。

人によって受け取り方が違うのは、実害がないからです。

 

 

ここは賛否が分かれますね(笑)

「実害がないといっても、差別発言はダメでしょ!キーッ!!」

 

PC(political correctness、ポリコレ)的にはNGかもしれませんが、

「ムカつく人」と「笑って済む人」に分かれる程度のことを問題提起しても

半分の人には説得力を持たないんです。

 

 

「外国人の客だと扱いが雑になる」というのは、程度によりますね。

 

イタリアで日本人男性が1人でレストランに入ると、

隅の方とかトイレの近くとか、明らかに格下の席に通されたりします(笑)

 

でも、正規の料金を払ってちゃんと食事ができたら、「実害」とはいえません。

気に入らなかったらチップを払わなきゃいいだけです。

 

 

実害といえるのは

言葉が通じないのをいいことにボラれたとか

暴力を振るわれたとか

虚偽の情報を広められて暴力の対象にされたとかのレベルです。

 

こうなると

犯罪行為から身を守るにはどうするか、

過激な人間が徒党を組むのを防ぐにはどうするか、

という具体的な対策の議論になりますね。

 

もはや「学校で教育しよう」なんて話ではなくなるんです。

 

 

心の中で何を考えていても、それは自由。

実害を及ぼす行動こそが問題。

 

常識とか道徳とかPCとかから離れて

「実害がある/ない」で物事を見てみましょう。

 

 

「ライティング」からは脱線しているように見えますが、

説得力のある文章を書くためには

「論点整理の基準」は必須項目なんです。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.4.21 Vol.0236より転載>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!】

◆2019年7月10日(水)15:30~17:30【NEW!】
〈人事・部門教育ご担当者様向け 無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ


◆2019年05月20日(月) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」

◆2019年05月20日(月) 14:00~ 17:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2IF0Lg1

◆2019年06月17日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2KbM7iF

◆2019年06月17日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2UwK9gR


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。