子どもが幼稚園からDVDをもらってきました。

「ポケモンのうたDVD」

 

幼稚園を通して試供品を配るというのはよくあります。

 

それにしてもこのDVD、

市販品ではなさそうで、

紙のパッケージには映画の宣伝とかもなく、歌詞しか書いてないんです。

 

何のために配ってるんだろう?

と思いつつDVDを観はじめたら、

 

 

これが、とても巧みな構成のコンテンツだったんですよ。

 

 

「1 イーブイえかきうた」から始まり、

「2 イーブイマーチ」でお姉さんがイーブイと一緒に踊ります。

 

えかきうたって、親も見てしまうんです。

子どもに「イーブイ描いて」とか突然せがまれるので。

 

さらに、アニメに興味のないお父さんを

可愛いお姉さんのダンスで引き込みます。

 

「3 ピカチュウのうた」

これは定番ですね。初期のポケモンを知っている親世代はホッとします。

 

手を動かせる、一緒に踊れる、ホッとする。

これで親子ともども、つかみはオッケーです。

 

 

そして中盤、いろんなポケモンの歌が続きます。

 

「4 I LOVE コイキング」=昭和歌謡風

「6 どないやねん ヤドン」=レゲエ

私はこの2曲にハマりましたね。

絵も歌もゆる~い感じが好きです。

 

「7 よなよなゲンガー」=ちょっとホラー風

「9 ぼくらのヒトデマン」=野球の応援歌風

下の子は「ヒトデマンかっこいい」とか言って絵を描き始めました。

 

歌だけで、おはなしは一切ないんですが、

かわいい!

ウケる!

キモカワ(笑)!

カッコイイ!

など、感情をあちこちに引っ張られるんですよ。

 

観ていて聴いていて、飽きません。

 

すると再び

「10 イーブイえかきうた YouTuberバージョン」

 

今度は大人から子どもまで、

みんなで巨大な筆でイーブイを描くイベント的な映像です。

 

 

そんな、リアルな人間がワイワイ楽しんでいる風景の直後に

 

 

「11 ポケモンカードゲーム ルールソング」

 

 

商品キターーーーーー!!(笑)

 

 

しかもゲームの説明も歌になっていて聞きやすい!

 

 

五感で親子もろともつかんで、

感情をあちこち揺さぶって、

リアルに引き戻してから

商品を見せる。

 

まるで

 

セールスライティングの構成そのものじゃないですか!!

 

ほらほら、下の子が「ぼく、このゲームほしい」って言い出しましたよ。

 

 

 

長い文章だと途中で読むのやめちゃうということもありますが、

歌なので最後まで聴いてしまうんです。

理屈じゃない分、ダイレクトに感情をつかまれるんです。

 

 

「このDVDすごいね!!

勉強になる!!

パパこれ気に入った!!」

 

子どもたちとは違う意味で、大はしゃぎしてしまいました。

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs


◆2019年1月28日(月) 10:00~13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2zGZD6f


◆2019年1月28日(月) 14:00~17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2UqNRWu

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。