Facebookにちょっとモヤモヤする機能がありまして。

「いいね!」で選べる絵文字です。

 

昔ながらの親指を立てている「いいね!」

ハートマークの「超いいね!」

笑っている「うけるね」

驚いている「すごいね」

泣いている「悲しいね」

怒っている「ひどいね」

 

モヤモヤするのは

驚いている「すごいね」なんです。

 

旅先での絶景の写真なら「すごいね」でいいんですが、

 

「近所で事故がありました」という写真はどうしましょう?

事故現場の写真を見たら、驚きます。

でも、驚いた顔を選ぶと「すごいね」になってしまい、

火災を面白がっているようにも見えてしまう。

 

素晴らしいものに感動した驚きもあれば

ひどいものを見てショックを受ける驚きもあります。

 

顔文字だけならどちらにも使えますが、

そこに「すごいね」という言葉が入ると

意味合いが限定されてしまうわけです。

 

試しに、Facebookの設定を日本語から英語に変えてみました。

すると、

「いいね!」は「Like」

「超いいね!」は「Love」

「うけるね」は「Haha」

「すごいね」は「Wow」でした。

「Wow」なら、いい意味にも悪い意味にも使えます。

 

訳すなら「びっくり」の方がいいんじゃないでしょうかね?

 

 

 

もう一つ、Facebookのモヤモヤする機能が。

 

 

誰かのコメントに返信しようとすると、

自動でコメント欄の最初に相手の名前が表示されます。

 

誰に対する返信なのかがわかりやすいので、

恥ずかしい誤爆コメントを防ぐことができるんですが、

 

この相手の名前にそのまま続けて返信を書くと、

呼び捨てになるんですよ。

 

 

たとえば私が安倍総理にFacebookで返信すると、

「鈴木鋭智
安倍晋三やっぱそうっすよねww」

 

関係者の方々から怒られそうです。

あるいは仲良しの間柄だと誤解されそうです。

 

 

せめて日本語版では

「さん」くらいつけてくれると自然なんですけどね。

あ、自分で「さん」って書けばいいのか(笑)

 

 

Facebookも大きな会社なんですから、

日本語版ではもうちょっと日本語のコミュニケーションに合わせてくれても

いいんじゃないかと思います。

 

今日は国語の先生っぽいお話でした。

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》

◆2019年08月19日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2x6OTwp

◆2019年08月19日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2InFsiBhttp://bit.ly/2InFsiB

◆2019年09月27日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2XWWgBa

◆2019年09月27日(金) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/30FrH4K

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS



関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。