バレンタインの「お返し」を渋る3歳児と、あの大臣の「失言」が似ていた件

うちの3歳児がママからバレンタインのチョコをもらいました。

恐竜のパズルが入っている、恐竜の形のチョコです。

 

「いいのもらったねー、来月はママにお返ししないとね♪」

 

「お返しするの? 嫌だー!」

 

「は? ホワイトデーにはバレンタインのお返しをするんだよ」

 

「だって、ボクの恐竜だもん!」

 

「いやいや、お返しっていうのは、お礼に何か新しいのをあげること。

もらったものを返すわけじゃないんだよ(笑)」

 

子どもと会話していると、こんなのが日常です。

「返す=1 同じものを返す、2 新たなものを送る」

話が噛み合わないときって、「2つの意味に解釈できる言葉」が原因だったりするんです。

 

 

それと同じレベルの大臣がいました。

 

池江選手の白血病公表で

桜田五輪担当大臣が「がっかりだ」と発言した件。

「がっかり=1(自分が)気落ちしている、2(相手が)期待はずれ」

大臣は1の意味で言ったんでしょうが、世間には2の意味に聞こえたわけです。

 

あ、これは辞書の説明だけだとわからない部分です。

 

デジタル大辞泉では
「がっかり=望みがなくなったり、当てが外れたりして、気力をなくすさま」

大辞林では
「がっかり=事が思いどおりにいかず、気落ちしたさま」

 

いずれの辞書も「原因は相手にある」と責める意図があるかどうかには触れていないんです。

はっきり定義されていないから、人によって解釈が違ってくるわけです。

ここが公の場で発言する仕事の怖いところですね。

 

テレビに出るクラスの政治家は

スピーチライターやスピーチコンサルタントをつけているものですが、

桜田大臣はまだその手のプロを雇ってはいないようで。。。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス




《新サービスのお知らせ》

■【小論文のオキテ55方式】1か月集中「添削&質問し放題」パック
http://suzukieichi.com/1month-tensaku/


■『ビジネス文書「なんでも添削&コンサル」パック』
次回の募集は3月下旬の予定です。
http://suzukieichi.com/nandemotensaku/

《セミナーのお知らせ》

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf

◆2020年03月10日(火) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/38IXGoN

◆2020年03月10日(火) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2RY1VX3