子どもたちの間でチャンネル争いとかオモチャの取り合いとかが始まると、

「じゃあ、じゃんけんで決めよう」

となりがちです。

 

でも、じゃんけんで決めようとすると

負けた方が暴れだします。泣き出します(笑)

 

じゃんけんって紛争の解決には使えないんですよ。

原理的にWin-Winにはならないわけですから。

 

 

そこで我が家では

「じゃんけんじゃ決まらないから、別の手を考えな」

と言っています。

 

他のものをあげて取り引きをする、

先に譲って、順番ということで合意する、

笑わせて気をそらす。

 

いつもこれで決着がつくとは限らないんですが、

「紛争の解決法はいろいろある」ということを経験させておきたくて。

 

 

実際、じゃんけんで決着がつく場合とつかない場合があって、

AKBがじゃんけんでセンターを決めても揉めないのは

そもそも毎回センターが入れ替わるシステムだからで、

今回じゃんけんで負けても次に実力で奪いにいけばいいわけです。

 

でも東京オリンピックの代表選考でじゃんけんはやりませんね。

竹島を領有権を日韓がじゃんけんで決めるというのもあり得ないでしょう。

 

 

「負けても笑える」場合はじゃんけんも有効。

でも「絶対譲れない」状態でじゃんけんやってもムダ。

 

もし「問題解決検定」みたいのがあったら、

5級の第一問で出されるくらいの基本です。

 

 

というわけで、「じゃんけんでは決めない」というのが我が家のルールなんですが、

下の子(4歳)が幼稚園から帰ってきて言いました。

「ボクはオニやりたくないのに、

◯◯くんがじゃんけんで決めようって言うの。

じゃんけんはダメなのに!」

 

そこは・・・じゃんけんで決めていいんだよ(苦笑)

てか、鬼ごっこなんだからオニやれよ。

 

子どもに問題解決を教えるのは難しいもんです。

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!!】

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS

◆2019年11月01日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2MqVGdJ

◆2019年11月01日(金) 14:00~ 17:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/31JfAEq

◆2019年11月19日(月) 10:00〜 17:00
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2


◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00【NEW!!】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00【NEW!!】
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz



関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。