昨日のセミナー「プレゼンの技術」で、

こんなご相談をいただきました。

 

「上司に嫌われてるんですが、

その上司の前でプレゼンをするときは、

どうすればいいでしょう?」

 

最初から関係性が悪いなら、

他の人に代わってもらうのが手っ取り早いかもしれません(笑)

 

でも代役も立てられないなら、

「自分を消すプレゼン」に徹する手もあります。

 

スライドを主役にして、自分はナレーションに徹する。

 

この場合、スライドはいつもの「話を補足する道具」ではなく「主役」です。

1本の番組、プロモーションビデオのつもりで作り込むといいですね。

 

ポイントは

「テンポよくスライドを切り替えること」

 

人間って、静止画が続くと飽きるんです。

テレビでは静止画が4秒以上続くことは滅多にありません。

4秒以内に被写体が動くか、カメラが動きます。

 

ドラマでも一人の人物が長台詞を喋っていると

必ず4秒で別な角度からのカメラに切り替わります。

その方が自然に見えるんです。

 

だからMacの動画編集ソフトiMovieの以前のバージョンでは

クリックすると自動で4秒選択できる機能がありました。

 

 

社内のプレゼンでは「4秒」にこだわらなくてもいいと思いますが、

スライドにテンポのいい動きをつけると

聞き手はスライドに集中してくれます。

 

「横で喋っている部下」の存在を忘れてくれます!

 

 

もっとも・・・

 

私が見る限り、

人に嫌われやすいタイプの方でもなさそうだったので

もしかしたら

「仕事に厳しい」のを「自分が嫌われている」と思っているだけかも(←ありがちです)

 

もしそうなら、

自分を隠すのではなく、

 

堂々と、圧倒的なパフォーマンスを見せて

「やるじゃないか!」と唸らせる方がよろしいかと・・・

 

私、逆のアドバイスしてますか?(笑)

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!!】

◆2019年11月19日(月) 10:00〜 17:00【NEW!!】
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2


◆2019年09月27日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2XWWgBa

◆2019年09月27日(金) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/30FrH4K

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS


◆2019年11月01日(金) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2MqVGdJ

◆2019年11月01日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/31JfAEq

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。