年末、家内の実家で

はじめてナンプレ(数独)というものをやりました。

 

タテの列、ヨコの列、9マスの正方形の区切りそれぞれに1〜9の数字を入れる、あれです。

(数独は登録商標なんですね。一般名称はナンプレ。初めて知りました)

 

はじめての問題が、たまたま家内から渡された上級のメッチャ難易度高い問題だったらしく、

2日かかりましたよ!(笑)

 

でも、やってみて気づいたことがあります。

 

これ、ビジネスに似てる!

 

最初のうちは手がかりが少ないので、なかなか埋まらないんです。

でも後半、それまでに埋めた数字が手がかりとなって次が決まっていく。

手がかりの連鎖。

 

 

地道に種まきをしていると、あるところから収穫のフェーズに入るんですよね。

 

種まきしている間って、すぐにはリターンが得られないので歯がゆいんですよ。

これやってて何の意味があるんだろう?と焦ることもあります。

 

でも、収穫のフェーズに入ると

ずっと前に手がけていたAがBに繋がり、

Cの中の予想外の部分がEとなってFにつながる

みたいなことが起き始めます。

 

その「種まき」は

ブログを毎日書くことかもしれないし、

単価の安い仕事を丁寧にすることかもしれないし、

ご近所に挨拶をすることかもしれません。

 

未来への投資として意図的にやっていたものもあれば

なりゆきや付き合いで始めたこともあるでしょう。

 

何が収穫につながるかは、わからないものなんですよね。

 

だから、種まきの段階で種を選ぶよりも

過去にまいていた種を忘れず、枯らさず、

収穫につなげる機転の方が大事なんです。

 

なんてことを書きながら、

私自身の仕事の中で

一か所、単独で完結していてメインの企業研修とつながっていない部分があることに気づきました。

 

そっか、ここでインプットしたものをこっちにアウトプットして・・・・

工夫の余地っていくらでも出てくるものですね。

 

数独(ナンプレ)も役に立ちます。

 

そういえば、電車の中で数独をやっている人をあまり見かけなくなった気がします。

みんなスマホに行っちゃって。。。

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!】

◆2019年7月10日(水)15:30~17:30【NEW!】
〈人事・部門教育ご担当者様向け 無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ


◆2019年05月20日(月) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」

◆2019年05月20日(月) 14:00~ 17:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2IF0Lg1

◆2019年06月17日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2KbM7iF

◆2019年06月17日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2UwK9gR


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。