たまに「受講者のほとんどが外国人」という研修をご依頼いただきます。

 

全員中国人、全員韓国人、アジアから中東までごちゃまぜなど

いろいろ経験してきました。

 

すべて日本語で通します。

日本の企業で働いていれば、日本語の会話はだいたい大丈夫ですからね。

 

問題は最初の「つかみ」です。

 

挨拶と自己紹介だけ相手の言語で話して、本題に入ったら日本語(または英語)に切り替える

というすごい先輩講師もいるのですが、

 

冒頭部分でかなりの流暢さが必要とされるんですよね。

私がやったら海外の観光地で「コンニチワ、シャチョーサン」とか声かけてくる客引きみたいで、むしろ失礼になりそう(笑)

 

 

そこで私はどうしているかというと、

 

名前を書きます。ホワイトボードに。

 

 

相手が韓国人ならハングルで。

 

「スズキエイチです。

日本語で書くと鈴木鋭智。

ハングルで書くと・・・

スはこうでしょ? ズはこう? キはこれでいい?」

 

この辺ですでに「おーーっ」という感じになります。

 

「ここからが日本人には難しいんですよ。

エってハングルだと2通りあるでしょ? 区別つかないもん。こっちで大丈夫?

イは一番簡単。だからイ大好き(笑)

チも難しい。こう? あ、もう1本?」

 

스즈키 에이치

 

ハングルの「スズキエイチ」が完成!

ワーッと拍手をいただけます(笑)

「ジョウズ!!」なんて褒めてもらえます。

 

「アンニョンハセヨ」くらいの片言を話すのは簡単ですが、

文字を書くとなるとハードルが高いので

一気に親近感が沸くようです。

 

これで自己紹介と「つかみ」は終了。

あれこれ話す必要はないですね。

 

 

アラビア語で書くこともあります。

سوزوكي

ハングルよりもウケます。

 

 

中国語バージョンもあります。

 

「スズキエイチです。

日本語で書くと鈴木鋭智。

中国語で書くと・・・あっ、同じじゃん!(笑)

 

リンムー・ジュイチー。

読み方これでいい?」

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs


◆2019年1月28日(月) 10:00~13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2zGZD6f


◆2019年1月28日(月) 14:00~17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2UqNRWu

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。