仕事をしていると、

いろんな事情が立ちはだかって

折り合いのつけ方が問われることも多いものです。

 

 

20年くらい前、

仙台七夕祭りの期間に開催される「夕涼みコンサート」に出演しました。

 

 

その時はバンドではなく、いわゆるユニットです。

テクノっぽいシンセとドラムはシーケンサー(いわゆる打ち込み)で、

ボーカルの女の子がいて、

私はギターをギュワンギュワン鳴らしている、という・・・

 

コンセプトは「もしジミヘンの時代にテクノがあったら」というものでした(笑)

 

 

そのリハーサルのときです。

 

私のギターがキーーーーーンというハウリングを起こすんです。

 

アマチュアだけのライブなら、それでもお構いなしなんですが、

当時、夕涼みコンサートはDateFM主催で、夜はプロのアーティストの本格的なライブ。

だから夕方のアマチュアの部も、PA(音響)や照明はプロ仕様なんですね。

 

そんなプロの音作りの場に、

さっきから私のキーーーーーン!が止まらないわけですよ(泣)

 

コワモテのPAのおじさんが、顔をしかめてる!

 

(やばいよやばいよ~、

朝からアシスタントがめっちゃ怒鳴られてたし。

早くこれ止めないと絶対怒られ)キーーーーーン!!

 

恐る恐る言ってみました。

「あの~、ちょっとギターのゲイン下げましょうか?」

 

すると、コワモテのPAさんが

 

「いや待って。

そこ下げると、君のキラキラしたところがなくなるから。

こっちで何とかするよ。大丈夫」

 

えっ? 優しい・・・

コワモテなのに(笑)

 

結果、本番では

ハウリングを起こすか起こさないかギリギリの

エッジの立った音でプレイすることができました。

おじさんに言われた通り「キラキラ」しましたよ!

 

 

プロの仕事って、こういうことかぁ。。。

 

 

いくつもの事情の板挟みになったとき、

手前で丸く収めるのではなく、突き抜けて成功させる。

 

 

音楽をやっていて一番役に立った学びはこれだったんじゃないかな?

まあ、いまでも丸く収まって失敗することは多々ありますが(笑)

 

 

でも仕事で「丸く収めず、突き抜ける」という選択をする人に会うと、

「だよね? やっぱりそっち選ぶよね?」と

共通言語を持ったような嬉しい感覚になります。

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2019年04月19日(金) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング 〜正しく伝わる文章術〜」
http://bit.ly/2DNZE9F


◆2019年04月22日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2T6OtDu


◆2019年04月22日(月) 14:00~ 17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2Ud2ex3
─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。