イラン米大使館人質事件の裏で実行された「コンフィデンスマンJP」みたいな作戦を、今年の行動のヒントにしようと思った件

『ARGO(アルゴ)』という映画があります。
https://amzn.to/2ZSe03B

 

1979年に起きたイラン米大使館人質事件で

極秘裏に実行されていた救出作戦を描いた実話です。

 

当時、大使館が暴徒に乱入されて大使館員やその家族など52人が人質として監禁されましたが、

そのとき6人だけ脱出して、カナダ大使の家に匿われていました。

 

この6人をイラン国外に脱出させるために考えられた計画が

「架空のSF映画をでっちあげ、その制作スタッフになりすます」というもの。

ハリウッドで本物の映画人たちを集め、メディアを呼んで記者会見まで開く徹底ぶりです。

 

あとは、本編をご覧ください。
https://amzn.to/2ZSe03B

 

実は「架空の映画のロケ」という作戦には前例があります。

 

1948年の第一次中東戦争(イスラエル側からすると独立戦争)のとき、

イギリスの民間空港で「戦争映画のロケ」が行われました。

本物の爆撃機が4機並び、スタッフやエキストラなど大勢の人がスタンバイしています。

そしていよいよ出撃シーンの撮影。

飛び立った4機の爆撃機は・・・・そのままイスラエルに行ってしまいましたとさ。

 

ちなみにこの件、

Wikipedia「第一次中東戦争」では

「また武器については大戦終結直後の欧州各地より購入したり、詐欺まがいの方法で入手した。」とだけ記述されています。

この「詐欺まがいの方法」の一つが、映画のロケだったんですね。

「コンフィデンスマンJP」みたいです。
https://amzn.to/2sMQBnW 

 

奇想天外な作戦を、採算度外視のスケールで実行する。

 

年始めに届いたツタヤディスカスのDVD『ARGO』を観て、

今年の行動のヒントにしたいと考えました。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2020.1.5 Vol.0495>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス




《新サービスのお知らせ》

■【小論文のオキテ55方式】1か月集中「添削&質問し放題」パック
http://suzukieichi.com/1month-tensaku/


■『ビジネス文書「なんでも添削&コンサル」パック』
次回の募集は3月下旬の予定です。
http://suzukieichi.com/nandemotensaku/

《セミナーのお知らせ》

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf

◆2020年03月10日(火) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/38IXGoN

◆2020年03月10日(火) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2RY1VX3