「会社が辛い」という人に

「じゃあ辞めれば?」と言っても

「そんなこと、簡単にできるもんかっ!!」とキレられます(笑)

 

我慢さえすれば給料をもらえる組織の中にいることと

明日どうなるかわからない「退職、転職」という選択肢の

ギャップが大きくて、想像がつかないんですね。

 

なので、会社が辛い方には

転職をする前の準備として

副業をおすすめします。

 

小さいことからでいいんですよ。

不用品をメルカリやAmazonで売るのでも、

知人を集めて教室を開くのでも。

 

そのとき大事なのは、

一人でやらず仲間を見つけることです。

 

同業者が集まるセミナーや交流会に行って、

すでに成功した人や

自分と同じレベルの人を見つけましょう。

そこが新しい居場所になります。

 

 

私の場合、代ゼミ時代に

 

努力しても報われない不満とか

マウンティング合戦でギスギスした講師室とか

改革を訴えても握りつぶされる頭の固い組織とか

母集団が減っているのに講習で集客しろと言われる理不尽とか

 

いろんなストレスでしんどい時期がありました。

 

でもそのころ

出版の講座に通って異業種の仲間ができたことで救われたんです。

 

ビジネス書を想定した講座だったので、まわりは経営者や士業、

それからプロのコピーライターやカメラマンもいましたね。

 

彼らを見ていると、

予備校辞めても食っていけそうな気がしてくるんです。

 

で、予備校辞めても平気だと思えると、

職場のいろんな理不尽がコメディに見えてくるんですよ。

 

そうなると、

いろんなノイズが気にならなくなり、

仕事に集中できるようになりました。

 

そして気づくと、

自分を評価してくれる人が増えていたんです。

 

 

居場所が2つあると

自分を追い込まずに済みます。

いまの仕事に新しい視点をもたらしてくれます。

 

 

仕事が辛いなら、

もう1つの居場所としての副業を始めてみましょう。

 

それでちょっと楽になって落ち着いてから

今後の身の振り方を考えるのがいいと思います。

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2019年04月19日(金) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング 〜正しく伝わる文章術〜」
http://bit.ly/2DNZE9F


◆2019年04月22日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2T6OtDu


◆2019年04月22日(月) 14:00~ 17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2Ud2ex3
─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。