できる学校の不良はケンカの収め方も違う

中学2年生まで、青森県の八戸というところで育ちました。

もっと正確に言うと、海沿いの白銀(しろがね)という地域です。

 

ここがまあ、1980年あたりは治安の悪い町で(笑)

 

授業中、先生が生徒に殴られて骨折したと朝刊に載り、

荒れる学校としてテレビ中継され、

毎年卒業生のうち数人は地元の暴力団に就職する。

当然、生徒の学力も県内最低クラスでした。

(現在はだいぶ変わったそうです)

 

私も不良に目をつけられないように毎日怖い思いをしながら世渡りしていたのですが、

3年生になるとき、父の転勤で引っ越すことになりました。

もう、ラッキーですよ。命拾いしましたよ。

 

そしたら、

転校した先が、青森市内で1、2番を争う「できのいい学校」だったんです。

 

初日、朝自習の時間に全員が机に向かっているのを見てビックリしましたね。

(キャッチボール始めたりしないんだ!)

 

「志望校どこって書いた?」「青森高校と函館ラ・サール」

(白銀でそれ言ったら「調子こくな」ってボコられる!)

 

同じ15歳とは思えないくらい、意識も姿勢も違っていました。

いい影響をたくさん受けました。

ここでの同級生たちはいまでは医者とか経営者とか、各分野で大活躍しています。

 

 

ただ、一番印象に残っているのは

 

この「できる学校」にもいた、不良たちなんです。

 

 

中3の秋にもなると、さすがの不良たちもピリピリしてくるわけですよ。

些細なことでケンカが始まります。

 

お互い「ゴルァ!!」と胸ぐらをつかんで睨み合うと

周りに野次馬が集まって取り囲むわけですが、

 

そこで不良仲間の一人が言うんです。

 

「ちょっと待て! 笑え! ここで笑え!」

 

手を出す前なら冗談に変えられる。

笑いに変えれば、怒りも収まる。

怒りの感情って、その程度のもの。

 

いまでいう、アンガーマネジメントです。

中3の不良たちがどこでこんな技術を覚えたのか不思議です。

 

 

荒れっぱなしで毎日事件が起こる底辺校と

秩序が保たれ、学力もトップクラスの学校。

 

 

この違いは「怒りを笑いに変える」という選択肢を

子どもたちが知っていたことが大きいんじゃないかと思います。

 

どっかの野球部の体罰のニュースを見ながら、そんなことを思い出しました。

 

 



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス