楽観的な予想ですが、

歴史の流れ方の一つに「ムダがなくなる」というのがあると思います。

 

昔、CDがかさばるなあ、MDは編集が面倒だなあ、と思っていたら

iPodとiTunesが登場し、パソコンに突っ込むだけで済むようになりました。

 

そのうち、iTunesが「1,093枚のアルバム/46.7日/81.01GB」とかになってくると、思うんですね。

「世界中の人たちが同じアルバムのためにメモリを費やしているって、ムダじゃない?」

これがストリーミング配信という仕組みで解消されました。

 

昔のジュークボックスと同じですね。

レコードは所有せず、聴きたいときに聴かせてもらう。

 

 

ムダがピークに達すると、あるとき根本的にムダをなくす仕組みが生まれる。

人類の歴史の一つのベクトルなんじゃないかと思います。

 

 

音楽に続いて解消されるべきムダの一つが、「労働」です。

 

いまの世の中、

いらん物を作って、いらん人に売りつけるための労働が多すぎません?

「他社が作ってるから、うちも」とか

「今期の売上が足りないから、何か売ってこい」とか

「広告主がうるさいからクリック数を稼げ」とか。

 

地球上の有能な人材と有限の時間が

世の中の課題を解決するためではなく

いらん物を作って売りつけるために消費されているわけです。

 

しかもそんな「労働」の結果、

メンタルを病み、身体も壊し、家庭も壊し、

貿易摩擦を生み、環境破壊を招き・・・って。

 

 

そろそろ、

いらん物を作って売りつける経済から降りてもいいタイミングではないでしょうか?

 

「せーの」で降りたら、

必要なものを作り、必要なときに必要な人に売る「新しい労働」が待っています。

 

 

これこそ「働き方改革」。

時短とは次元が違う話です。

 

 

 

 

とまあ、立派なことを書きましたが、

 

私自身に

「いらん本は書いてないだろうな?

いらんセミナーやってないだろうな?」という

ブーメランが返ってきそうで(冷や汗)

 

はい、精進します。

 

─────────────────────────────────

《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs



《日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ》

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。