あずきはスーパーで何売り場にあるのか、7歳児が小さいアタマで考えたプロセス

上の子(7歳)が「お手玉ほしい」と言い出しました。

学校で「むかしあそび」としてお手玉、けん玉、あやとり、ベーゴマなどを教わったそうです。

 

たしか百均にお手玉売っていたような・・・

いっしょに買いに行くことにしました。

 

ところが「現在品切れ中」とのこと。

隣のイトーヨーカドーのおもちゃ売り場も探してみましたが、こちらはそもそも「取り扱いなし」。

せっかく来たのに収穫なしです。

 

てか、お手玉って・・・買うもの?

 

「パパが子どものときは、ばあばが作ってたぞ。あずきを布で包んで」

スマホで調べたら、お手玉の作り方なんて簡単にわかりました。
https://chiik.jp/articles/Y0qrR

「それいい! 作ろう!作ろう!」

 

という流れで、

あずきを買って帰ることに。

 

イトーヨーカドーの広い食品売り場に着きました。

「あずき探しゲーム! どこにあるか、わかるかな?」

 

私も未加工のあずきなんて買ったことありませんが、

7歳児が探し出せるでしょうか?

 

さっそく何かを見つけたようです。

「むぎの仲間じゃないかな?」

 

残念!(笑)「しょうちゅう」はお酒の仲間。

 

 

「あずきって、もなかに入ってるよね」

 

あんこになっちゃってるね。

 

 

「そうか、豆だよね!豆!」

 

 

ここはどれも味がついてる豆ばかりだね。材料っぽくない。

 

 

「お米でもお手玉作れるって、さっきiPhoneで見たよ」

 

それ、お米というよりポン菓子。

 

 

「あった! あずき!」

惜しい! あずきだけど水煮じゃお手玉作れないだろ。

カラカラに乾いてるやつないかな?

 

「あったよ、カリカリ」

それは「うめ」って読むんだよ。

しかもカラカラじゃなくてカリカリだし。

 

 

「野菜売り場じゃない? ほら、紫色!」(ダッシュ)

 

色は近いけど、イモだね。

 

「こっちにも紫!」

もはや肉だし。

 

 

「ないねえ。やっぱりお米で作ろうか?」

と諦めかけたとき、

「あ、あずき!」

おー、ついに発見!!

さっきのあずき缶の並びではなく、棚の端の通路に面した部分(エンドと呼ばれます)にありました。

 

 

モノの分類というのは恣意的なもので、

スーパーの棚はスーパーの都合で分類されているわけですが、

「ああでもないこうでもない」と仮説を潰していく作業は

「学習」というものの原型を見ているかのようでした。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス




《新サービスのお知らせ》

■【小論文のオキテ55方式】1か月集中「添削&質問し放題」パック
http://suzukieichi.com/1month-tensaku/


■『ビジネス文書「なんでも添削&コンサル」パック』
次回の募集は3月下旬の予定です。
http://suzukieichi.com/nandemotensaku/

《セミナーのお知らせ》

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf

◆2020年03月10日(火) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/38IXGoN

◆2020年03月10日(火) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2RY1VX3