「プロデューサー」という言葉を世に広めたのは

小室哲哉さんだったと思います。

 

90年代のJポップは「小室プロデュース」の時代でした。

小室さん自ら作詞作曲し、ときには自らメンバーになったり、歌い手と付き合ったり、

「プロデューサー=全部面倒見てくれる人」

というのが世の認識となりました。

 

ところが同じ頃、日本のロックはもう一人の名プロデューサーによって作られていました。

佐久間正英さんです。

 

BOOWY、JUDY AND MARY、THE BLUE HEARTS、GLAY、エレファントカシマシ、黒夢・・・

これみんな佐久間プロデュース。

https://ja.wikipedia.org/wiki/佐久間正英

 

こんな凄いプロデューサーなのに一般にはあまり知られていないのは、

作詞作曲など「全部やって表に出る」というタイプのプロデュースではなかったからです。

 

インタビューで「プロデューサーって何やってるの?」と聞かれて

「現場監督。ピックの持ち方変えてみたり、スティックの握り方変えてみたり・・・」と

めっちゃ地味(笑)

 

作詞作曲も基本的にアーティスト自身にやらせます。

 

要は、アーティストに全部与えるのではなく

アーティストからベストなものを引き出す仕事なんですね。

 

小室プロデュースが華原トモちゃんみたいに

「欲とかないんで、あなた色に染めてください (> <)」という人にピッタリだったのに対し、

 

佐久間プロデュースは

天下獲る気満々でギラギラした連中を正しい方向に導いていたわけで、

 

プロデュースする側もされる側も

2つのタイプがあるんですね。

 

 

ところでプロデューサーといえば、

私にも「出版のプロデューサー」という人がいます。

 

このメルマガにもたびたび登場する

エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役の土井英司氏。

 

こないだトークショーを深夜3時39分まで延長した人です(笑)

 

この人のプロデュースがまあ、ドSなんですよ。

 

だいたい出版の講座に行く人というのは、

「こんな本を書きたい♪」という企画を頭に描いているものですが、

まずそこから叩き潰されます。

 

「あなたにはそれを語る資格と実績がありますか?」

 

ガーンΣ( ̄Д ̄;

(私の場合、「センター試験に採用される小説の書き方」という企画を一笑に付されました)

 

たしかに、一番になれない分野で世に出ても潰されるだけですから。

こうやって「ここだけは誰にも負けない」という分野を見つけるところからスタートするんです。

 

だから土井さんのところから出た著者は長く出版が続くし、

第一人者としてメディアでも活躍できるわけです。

(世の中の「出版講座」の多くは、ここがぬるい)

 

佐久間プロデュースと同じで、

「与えてちょうだい」というタイプの人には向きません。

「革命を起こすぜ!」とギラギラしている人しか成功できない世界です。

 

このドエ・・・いや土井さんが、

出版とかビジネスとかの枠を超えた

人生の指南書を出しました。

 

『「人生の勝率」の高め方  成功を約束する「選択」のレッスン』(KADOKAWA)

https://amzn.to/2O4K688

 

出版直後、アマゾンについた

「星1つ」の酷評レビューが話題になっています(笑)

しかも本の内容ではなく土井さん個人へのクレーム。

 

ああ、「与えてちょうだい」さんは、こうなるよなあ(苦笑)

てか、さっさと原稿書けばいいのにww

 

帯には「こんまり」さんの推薦の言葉が。

「私もこのレッスンを受けて人生が変わりました」

 

これが全てを物語っていると思います。

こんまりほどではありませんが、私も人生が変わった一人です。

 

「成功してやるぜ!」とギラギラしている方は、そのための戦略が学べます。

「与えてちょうだい」という方は、生き方そのものが変わるかもしれません。

 

『「人生の勝率」の高め方  成功を約束する「選択」のレッスン』
(土井英司・著 KADOKAWA)




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!!】

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS

◆2019年11月01日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2MqVGdJ

◆2019年11月01日(金) 14:00~ 17:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/31JfAEq

◆2019年11月19日(月) 10:00〜 17:00
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2


◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00【NEW!!】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00【NEW!!】
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz



関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。