【プログラミングよりギヤボックス】タミヤの「楽しい工作シリーズ」で4歳児でも操縦できるロボットを作ってみた件

「プログラミング教育」という流行りに乗っかって、

わが家でもチビたちにいろいろ与えてきました。小さいうちから。

 

オンラインでプログラミングを学べる「Code.org」とか

 

iPhoneのアプリ「Digital Puppet」とか

 

これらは子どもたちも好きで、上の子(7歳)なんか早々にループの使い方を覚えて遊んでいます。

 

でも、

だんだんと

「これでいいのか?」という思いが湧いてきまして。。。

 

画面の中で絵を動かすだけって、

リアルじゃない!

やっぱ、モノを動かさないと!

 

ITだのプラットフォームだのVRだのといっても

人間はモノを食ってモノを使って生きるわけですよ。

Uber Eatsも自転車の人が食べ物届けてくれるわけだし、

メルカリで届くのも誰かが使った中古品です。

 

ソフトウェアで頭でっかちになるよりも

手に持てるモノを作って動かす体験をさせたい。

 

と思いまして、

 

やってみました。

「操縦できるロボット」の自作です。

 

 

使ったのはタミヤの「楽しい工作シリーズ」。懐かしい。

仕組みは単純です。

モーター2個を有線リモコンでオン/オフし、

左右のキャタピラーを別々に動かすだけです。

 

下の子(4歳)にはこんなもんで十分でしょ(笑)

高度な二足歩行とか、プログラミングとか不要です。

自分で操作するとモーターが回ってマシンが動く。

これぞ工学の基本です。

 

まずはギヤボックスの組み立て。

40年前はギヤもケースも金属だったような・・・

いまはプラスチックの部品がメインです。

 

ちなみに

「楽しい工作シリーズ」には

「ツインモーターギヤボックス」と「ダブルモーターギヤボックス」があって紛らわしいのですが、

純正の「ユニバーサルプレート」をシャーシに使うなら、「ツイン」の方です。

「ダブル」はちょっと大きくて、ユニバーサルプレートに収まらないようです。

 

 

リモコンも組み立てるんだったっけ?

さすがタミヤ。アレンジの余地のないアイテムでも完成品では売らないんですね(笑)

 

 

取り付けにネジは不要です。プラスチックのピンをパチっと差し込むだけ。

昔は木の板に木ネジでした。

 

最初キャタピラがちょっとゆるく、方向転換すると外れてしまいました。

最後輪の位置を穴1つ分ずらしてピンと張ったら大丈夫。

このプラスチックのシャーシ、便利です。

 

 

一番悩んだのが、ブロックの土台をどう取り付けるかです。

ネジで止めようにも、シャーシの穴とブロックの形状が微妙に合わない。。。

そこで、

この写真ではよく見えませんが

アンパンマンブロックの立方体のピース(アンパンマンとバイキンマンの顔が描いてあって、さすがに4歳児も使わなくなったやつ)をシャーシに接着しちゃいました。原始的。

 

そこにこの白いベース部分をはめると、

ブロックで何でも自由に作って載せることができます。

 

さっそく「ガンタンク風」。

まだ動くやつは1機目なので、

立ってるだけのロボットと対戦してなぎ倒しました。

 

 

これは何? スタイリッシュな戦車?

「ゴモラの頭」

それにしちゃ長いな。

 

 

うちの4歳児、最初はこのリモコンの仕組みが飲み込めず、

ケーブルをグイグイ引っ張って向きを変えていました。

 

おいおい、犬じゃないんだから(苦笑)

 

左右の前進/後進の組み合わせとか、

自分ではなくマシンから見ての右/左というのが

4歳児にはまだイメージしにくいんですかね。

 

でもお姉ちゃんが自在に操作して家の中を探検し始めたので、

それを見て覚えてくれるでしょう。

 

敢えてギヤーはむき出しです。

モノが動く様子を見せておきたくて。

 

うまくいったので、

もう1機作って

映画「ベイマックス」冒頭みたいなロボットファイトをやってみようと思います。



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス