51YJZrvx2PL._SX351_BO1,204,203,200_

ようやく表紙が公開されました。

4月17日発売の『公務員試験 無敵の文章理解メソッド』。

「本文読む前に選択肢を見ろ」

「並べ替え問題では、並べるな」

「英文問題は訳せなくていい」

など、真面目な先生が見たら怒り出しそうな本に仕上がっています(笑)

 

世の中にこの科目の参考書はたくさんあるのですが、

どれも「国語の得意な『解き手』『教え手』目線の解説」に留まっています。

問題と選択肢を作っている「出題者」が何を仕掛けているかを解説した本がありませんでした。

 

そこで、18年間大学受験予備校で現代文の授業と模擬試験の作成に携わってきた経験から、

「出題者の手の内」をすべて明かしてしまおうというのがこの本のコンセプトです。

 

「そこまでばらしていいの?」
「この本が出たら出題者が手を変えてくるのでは?」

よく聞かれますが、たぶん大丈夫です。

出題者が仕掛けてくる「罠」は、人間が誤読しやすいパターンに対応しています。

採用側が「読解力のある人材=誤読のパターンに引っかからない人」を求める以上、いわゆる「引っかけ方」の基本はあまり変えようがないのです。

公務員試験の選択肢の作り方が大学入試センター試験とほぼ同じなのはそのためです。

 

表向きは「公務員試験を最速で解くためのノウハウ本」ですが、

できあがってみたら「読解力」というものの本質に踏み込んだ内容になりました。

国語教育関係者のみなさま、是非ご一読ください。

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。