「MONO消しゴム vs ONO消しゴム」発注者の思考が狭いと組む相手を間違えてしまうという「外注あるある」

先日、こんなニュースがありました。

「“本家”の許可得ず「ONO消しゴム」 兵庫・小野市観光協会のパロディー版、販売中止に」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000006-kobenext-l28

 

トンボ鉛筆の定番商品「MONO消しゴム」のパロディー商品を作ったら、

製造した大阪の業者が

「トンボ鉛筆の許可を得た」と言っていたのに

本当は許可申請すらしていなくて、

結果的に販売差し止めを食らったと。

 

役所が民間業者に丸投げすると手抜きされるという、よくあるパターンです。

 

最初から小野市がトンボ鉛筆にコラボを持ちかければ、

本家公認で、しかも「ご当地MONO消しゴムブーム」みたいなデカい展開ができたかもしれないのに。

全国で売れて小野市の知名度が上がったかもしれないのに。

 

・・・って、そこまで大きなことは考えていなかったのかもしれませんね(笑)

 

「イベントの成功=全国から観光客が集まる」ではなく

「イベントの成功=当日の行事を無事に終える」だったのかもしれません。

(だとしたら今回は大失敗だったわけですが・笑)

 

「誰と組むか」も大事ですが、

そもそも発注者が「どこを目指しているか」によって

組む相手というか寄ってくる相手が変わってくるものです。

 

 

ぶっちゃけ、私自身も

昔ちょっと弱気というか思考が小さくなっていた時期があって、

そういうときに限って「変な仕事のお誘い」が来るんですよ(笑)

 

詐欺とか悪意のある話ではないんですが、

企画に無理があったり、

目指すレベルが(そのときの自分くらい)ショボかったり(爆)

 

何度か、途中で正気に戻ってお断りさせていただきました。

 

「志」とか「スケール感」を大きく持って

大きなご縁に囲まれていたいものですね。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.11.17 Vol.0446>



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00【NEW!!】

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス