誰しも仕事の内容やスタイルには

良くも悪くも「こだわり」があるものです。

 

私の場合、

パワーポイントのフォントにこだわりがありました。

「ヒラギノ角ゴシックW8」という極太のゴシック体。

バラエティー番組のテロップくらいの太さで、インパクトがあります。

 

 

ただし、ヒラギノが標準で入っているのはMacだけなんです。

Windowsにも入っている「創英角ゴシック」というシリーズは

ヒラギノに比べると若干細く、字の迫力に欠けるんですよ。

 

そこで、会場備え付けのパソコンを使う場合は

Macで作ったパワーポイントのファイルを

PDFに変換します。

アクロバットなどのPDFビューワーで開くと

ヒラギノ角ゴシックW8の極太文字がそのまま映る、という仕組みです。

 

・・・めんどくさいですね。

でもこれが「こだわり」だったんです!

スライドの「鈴木鋭智らしさ」なので、外せないんです!

 

このスタイルで5年間、ヒラギノ角ゴシックだけを使ってきました。

ところが最近、

先方の都合でどうしてもパワーポイントのファイルが必要、ということになりまして。。。

 

しかたなく

 

全スライドを「メイリオ」に変換したんです。

 

しかたなく。泣く泣く。

 

そしたら・・・

 

ん?

 

これも、

 

「あり」じゃないか?(笑)

 

もちろんスライドの雰囲気はまったく変わるのですが、

これはこれでスッキリして読みやすいし、

線が細くなった分、上品な雰囲気になりました。

 

「ヒラギノじゃなきゃ死ぬ」という程ではなかったんですね!

 

たぶん、他の選択肢を試さずに

いままで使ってきたフォントに固執していただけなんです。

 

5年間のこだわり、なんだったんだろう?(笑)

 

これに気づいたら、

憑きものが落ちたように気がふっと楽になりました。

 

「自分のコンテンツは◯◯!」

「自分のスタイルは△△!」

 

もしかしたら、その「こだわり」を捨てた先に

新しい可能性が見えてくるのかもしれません。

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2019年2月25日(月) 10:00〜13:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2s5Pz2o

◆2019年2月25日(月) 14:00〜17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2QmG0Ga

◆2019年03月11日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカル コミュニケーション」
http://bit.ly/2HBnBpN

◆2019年03月11日(月) 14:00~ 17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2FPXo59


◆2019年04月19日(金) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング 〜正しく伝わる文章術〜」
http://bit.ly/2DNZE9F


─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。