「2020年でセンター試験廃止」を惜しみ、文科省の「忖度切れ」を期待してみる

いよいよセンター試験です。

歴史ある「大学入試センター試験」も、今年含めてあと2回。

2020年を最後に廃止されることが決まっています。一応。

 

ところが、

センター廃止後に導入予定の「新テスト」がどんなものになるのか

文部科学省の方針が二転三転して定まらないんですよ。

 

なぜかというと、

現行のセンター試験の完成度が高すぎるからなんです。

 

問題の質、評価の公平さ、実施の安定性、

どれをとっても変えようがないんです。

 

問題の質、めっちゃいいです。

思考力や推理力、地頭力がないと最後までは解けません。

だからセンター対策の勉強を本気でやったら賢くなりますよ。

 

 

そんなセンター試験を、なぜ廃止するのか?

 

 

そもそも「センター廃止」というのは

成蹊大学出身の安倍さんが総理になってから、

早稲田大学出身の下村文科相が言い出して、

これまた早稲田大学の鎌田薫総長が座長を務める教育再生実行会議が動き出したもので、

 

・・・・って、みんな私大出身者やん?!

 

 

下村さん、言っていました。

マークシートのセンター試験は暗記重視でよろしくない云々と。

 

センター試験を受けたことも見たこともないオッサンたちが

事実誤認のイメージ先行で廃止を決めてしまったわけです。

 

やっちまいましたねえ。。。。

 

本来なら文部科学省が体を張って阻止すべきだったんですが、

ここで得意の「忖度」を発揮してしまったようで。

 

 

ということは、逆にいうと

何かあって安倍内閣が終わったら、

忖度が不要になって元に戻る可能性があります。

「共通一次試験」が「センター試験」に改称しても基本は変わらなかったように。

 

センター試験愛好家としては

そんな「忖度切れの寝返り」に期待したいところです。

 

 

もっとも、賢い子なら

最初から不透明な国公立は避けて、

私大を受験するでしょうけれど。

 

って、センター廃止の真の狙いはそこだったりして?!

 

まさか(笑)

 



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス