「6時間も飽きずに聞いていられる研修」を作るコツは「一番◯◯な人に合わせること」

 

「なんで6時間も飽きさせないで話せるんですか?」

一日研修のあと、うしろで聴講していた研修担当の方にときどき聞かれます。

 

たぶん、それはですね、

私自身がものすごく飽きっぽいからだと思います(笑)

 

「自分が飽きないテンポ」で事例や解説やワークを散りばめているので、

あちこち引っ張り回されているうちに6時間経過するんだと思います。

 

全部、「と思います」です。

 

ちゃんとした方法論でやっているわけではないので。

自分が飽きそうな構成にはしない、だけなんです。

 

 

実は子どもの頃から

じっと座って人の話を聞き続けるのが苦手でした。

 

先生の目の前の最前列中央でも、

椅子ごとうしろを向いておしゃべりしてましたから!

 

あかん、完全にダメな子です(笑)

 

大人になっても、たとえばコンサートって耐えられないんです。。。

2時間も同じアーティストを見続けられない。

3曲くらいで時計を見てしまいます(笑)

 

紅白歌合戦のようにいろんな歌手が出てくれる方が好きですね。

 

ここまで飽き性だと、自分で何かやるときも

「飽きられるんじゃないか?」という心配が強いんですよ。

 

しかも、自分も飽き性の問題児だったので、

受講者が居眠りしても、文句言いにくい。。。

だから飽きられないための工夫に余念がないんです。

 

 

ちなみに

私がコンテンツを作るとき参考にするのは

他の先生のセミナーとかではありません。

 

テレビです。

 

テレビって、私みたいな飽き性でも

1時間どころか一日中見ていられるように作っているんです。

 

ネタの並びや時間配分、カメラ割り、CMのタイミング、テロップの大きさや文字数やフォント、ナレーションのタイミング・・・

参考になることばかりです。

 

なので

「なんで6時間も飽きさせないで話せるんですか?」

という質問への答えは

 

「飽き性な自分に合わせて構成しているから」でもあり、

 

「テレビの構成を真似しているから」ともいえますね。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス