有名な「重要度・緊急度マトリックス」というものがあります。

 

やるべきタスク、TODOに優先順位をつける方法で、

2×2の表を書いて

「重要かつ緊急」

「重要だが緊急ではない」

「重要ではないが緊急」

「重要でも緊急でもない」

の4つに分けるというものです。

 

 

昔、仕事が増えて忙しくなったときに試してみたのですが、

すぐにやめてしまいました。

 

「4つに分類できねーじゃん」

 

いただく仕事というのはどれも重要ですし、

だいたい〆切がありますから、どれもすぐに緊急になるんですよね。

 

 

重要度、緊急度で分けるよりも、

「すぐできそうなものから片付ける」

こっちの方が実用的でした。結果的には。

 

 

予備校の中にいたときは、これで十分だったんです。

組織の中でタスクをこなす分には、

全部「重要かつ緊急」で、それらを片っ端から片付けるのが合理的です。

 

 

ところが、独立してみると、わかるんですよ。

「緊急じゃないけれど、重要」な、いわゆる「種まき」の時間の大切さが。

(『朝活手帳』で有名な池田千恵さんが上の4分類を「食い扶持」「種まき」「日課」「思いつき」と言い換えてくれました。この方がずっとわかりやすい)

詳しくはこちら→ https://ikedachie.com/asakatsu-techo/

 

 

組織の中と違って、黙って待っていても仕事が降ってきません。

そのかわり、やりたい仕事と組みたい相手を選べるという

とてつもない自由があります。

 

 

ただし、そのためには

自分がどういう方向に進むべきか、どんな人生を送りたいのか、

自分で考えて決める必要があるんですね。

 

 

それを考えるのが

「重要だが緊急ではない」、種まきの時間。

 

なので「重要だが緊急ではない」の部分に書き込まれるのは

「締め切りまでまだ1か月先あるやつ」ではなく

「10年後に実現したいこと」みたいなプランになるわけです。

 

 

ということは、

組織に属しているかどうかはどっちでもいい話で、

大事なのは「人生と仕事の選択権を握っているかどうか」なんですね。

 

 

「重要・緊急のマトリックスって、使えねー」と思っている方は

 

手帳の使い方を工夫する前に

 

人生と仕事の選択権を取り戻すところから始めましょう。

 

 

と、昔の自分に言ってやりたい(笑)

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.6.15 Vol.0291より>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!!】

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS

◆2019年11月01日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2MqVGdJ

◆2019年11月01日(金) 14:00~ 17:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/31JfAEq

◆2019年11月19日(月) 10:00〜 17:00
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2


◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00【NEW!!】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00【NEW!!】
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz



関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。