「緊張して話が支離滅裂になってしまう」を回避するためにプロ講師がやっていること

 

前回の記事に対して、

「金髪ロン毛の写真を公開してほしい」というリクエストを数件いただきましたが、

軽くスルーさせていただきます(笑)

 

そんな声に紛れて

「話すときに緊張して声と手が震える上に、論理的じゃない説明をしてしまう」

というご相談をいただいたので、

こっちにお答えしましょう。

 

 

「論理的じゃない説明をしてしまう」という自覚があるということは、

話しているうちに順番が正しくないなと感じているわけで、

 

シナリオを決めずに思いつきで話しているんじゃないですかね?

 

考えながら話すと、不安なので緊張しますし、疲れます。

シナリオを決めて、考えなくても話せるようにしましょう。

 

 

プロのセミナー講師は、

毎回ほぼ一言一句違わず

1時間、2時間話すことができます。

 

飲み会や合コンで盛り上げてくれる話し上手な人も

鉄板ネタのトークをいくつか持っていて、

毎回ほぼ一言一句違わず話しているものです。

 

上手い人ほど、アドリブでは話さないんです。

 

 

もちろん、彼らも鉄板のシナリオを完成させるまでは試行錯誤します。

話の順番や言葉の選び方、間のとり方、抑揚のつけ方・・・

こうしたらもっとウケるんじゃないか?と工夫を重ねます。

 

場数を踏むのは、慣れるためではなくPDCAを回すためなんです。

 

 

では、どのようにシナリオを作るのか?

初心者にとって一番簡単なのは、「大事な順に話す」というもの。

内容を重要度で3つに分けます。

1 絶対に言い忘れたら困ること
2 その補足として大事なこと
3 言い忘れても差し支えないこと

この順番で3行にまとめておけば、

覚えやすいし、忘れません。頭使わなくても話せます。

 

(オチを最後にとっておこうとするから、言い忘れてスベるんです!)

 

緊張しても、話し方が下手でも、声が震えても、時間切れになっても、

この順番なら大事なことは正しく伝わるので大丈夫。

 

プレゼンや説明・報告に不安がある方は

是非試してみてください。



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス




《新サービスのお知らせ》

■【小論文のオキテ55方式】1か月集中「添削&質問し放題」パック
http://suzukieichi.com/1month-tensaku/


■『ビジネス文書「なんでも添削&コンサル」パック』
次回の募集は3月下旬の予定です。
http://suzukieichi.com/nandemotensaku/

《セミナーのお知らせ》

◆2020年04月16日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/381RHut

◆2020年04月16日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2I4LiEt