「筋道立てて説明すると『さっさと結論言え!』と叱られて、

先に結論を言うと『ちゃんと説明しなきゃわからん!』と叱られるんです。

どうしたらいいんでしょう??」

 

セミナーでそんな相談をされました。

「口紅指数(リップスティックインデックス)」の話をしたときです。

 

 

「不景気になると、ブランド物の口紅が売れるようになります」

「は? どういうこと?」

 

このときの「どういうこと?」は「納得いかない」という意味です。

 

不景気で「売れない」ならわかるけど「売れる」って、おかしくない?

しかもブランド物の口紅に限定する必要ある?

デタラメ言ってない???

と、不信感が募るんですね。

 

「不景気になると、

効果なバッグや洋服は買えなくなるので、

手頃な口紅でプチ贅沢を楽しむ人が増えるんです」

 

これなら納得してもらえるでしょう。

 

【不景気→(    )→口紅が売れる】

 

この途中の因果関係が抜けていると、聞いている方は納得いかないわけです。

機嫌の悪いときだと、「ちゃんと説明せい!」と叱られるわけです。

かといって途中経過からしゃべり始めると、今度は「さっさと結論を言え!」と叱られるんですよね。

 

こういうときは、一言加えるといいんです。

 

「不景気になると、“結果的に” 口紅が売れるんですよ」

 

“結果的に” が加わると、ちゃんと筋道がありそうに聞こえます。

意外な結論にも、意味がありそうな気がします。

 

「◯◯すると、“結果的に” △△になるんです」

結論を先に言うときの安全パターンです。

 

 

ちなみに、

「途中が省略されて意味不明」というのを

逆に利用しているのがNHKの「チコちゃんに叱られる!」です。

 

「日本の道路が左側通行なのはなぜ?」に対するチコちゃんの答えが

「殺し合いになるから」。

 

はあ? となりますけど、

そのあとVTRを見るとみんな納得するんですよね。

(武士がすれ違うときに左に差した刀同士がぶつかると喧嘩になるため、江戸時代から左側通行がルールになっていたそうです)

 

チコちゃんが途中をすっ飛ばした結論を言っても叱られないのは

そのあとのVTRで謎を解いてくれると認識されているからです。

 

「◯◯すると、“結果的に” △△になるんです」

結論を先に伝えるときは、この話法を用いましょう。

チコちゃんのように愛される報連相ができる・・・んじゃないかと思います。




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!!】

◆2019年11月19日(月) 10:00〜 17:00【NEW!!】
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2


◆2019年09月27日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2XWWgBa

◆2019年09月27日(金) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/30FrH4K

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS


◆2019年11月01日(金) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2MqVGdJ

◆2019年11月01日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/31JfAEq

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。