「眠くなる文章には原因が3つある件」を、東横線で乗り過ごした反省で書いてみた

「読んでいて急激に眠くなる文章」って、あります。

仕事で必要な資料だったり、受験生の場合は小論文の課題文だったりすると

「眠くなるから読まない」というわけにもいきません。

 

「眠くなる」ということは、何かが「わからない」からです。

この「わからなさ」はだいたい3種類に分類できます。

 

【1 一文一文の意味がわからない】

これが「一番わかりやすい、わからない文章」ですね(笑)

理由は2つに集約されます。

(1) 使っている用語の意味がわからない。

(2) 「風が吹くと桶屋が儲かる」みたいに因果関係を省略していて腑に落ちない。

書き手と読み手の知識や理解に差があるとき、こうなります。

 

【2 一文一文はわかるが、全体としての内容がわからない】

「エビ文」と呼ばれる文章によくある症状です。

たとえば「A 科学を肯定する話」と「B 科学を批判する話」のように

逆の内容が「A→B→A→B→…」と交互に並んでいる文章。

 

「しかし」「それに対して」などの接続詞を見落とすと

対立構造がごちゃまぜになって「意味不明な文章」に思えてしまいます。

現代文のテストに選ばれるのは決まってこのタイプの「悪文」です。

 

【3 何のために書かれた文章なのかわからない】

これは「エビ文」にすらなっていない、

対立構造が文中に書かれていない文章です。

 

たとえば「米国政府が作った新しいルール」といったら、

文中に書かれていなくてもEUと異なる点があったりするわけです。

 

この場合、対立項が思い浮かばないと「何を言いたいのか」が完成しません。

資料の一部抜粋などに多いですね。

 

 

「眠くなる、わからない」に原因が3つあるとわかれば

それぞれ対処が可能です。

「わかる」に変えれば眠気は覚めます。

 

・・・って、

なぜ急にこんな話を書いたかというと、

いま目の前に

「めっちゃ眠くなる国家公務員の過去問と答案」が届いているからです(笑)

 

こいつのせいで、

中目黒で打ち合わせなのに

うとうとしたまま元町・中華街まで行っちゃうところでしたよ(汗)

 



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00【NEW!!】

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2019年11月18日(月) 10:00〜 17:00
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2

◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス