「生物は大量絶滅を経て進化する」ネタ切れこそチャンスと捉えるコンテンツ進化論

細胞とか本能とかが覚醒するのって、飢餓状態になったときです。

生物が大きく進化したのも、地球上が大絶滅に見舞われた時代です。

藤子不二雄が「ドラえもん」を思いついたのも、アイデアが浮かばず追い詰められた締め切り当日の朝でした。

 

出版に向けて、独立に向けて、

ブログなりYouTubeなりでアウトプットを始めるのは基本です。

 

ですが、

 

まあ・・・なかなか続かないんですよね(笑)

 

 

アウトプットしてみると、

漠然としていたアイデアが言語化され、整理できます。

文章なり話し方なりの表現力が磨かれます。

 

そして何より

 

自分に足りないものが見えてきます(←これが今日のポイント)

 

 

だいたい100本も出すと「ネタ切れ」になりますからね(笑)

でも、そこからがスタートです!

 

いままで持っていたコンテンツを出し尽くしたとき、

 

勉強してコンテンツを増やす人もいます。

すでに持っているコンテンツの切り口を変える人もいます。

ニュースなど毎日出てくる事象に自分のコンテンツをかけ合わせて、無限にアウトプットが続く仕組みを見つける人もいます。

 

ネタが枯れたときこそ、コンテンツがまったく違う形に進化するチャンス。

やめたくなったときほど、もう一歩先にお宝が埋まっているときなんですよ。

 

下手でもいいので、続けましょう。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.5.9 Vol.0254より>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス