「ポイントは3つあります(ドヤッ)」

 

意識高い系のビジネスマンがよく使う話法ですが、

ただ3つ並べればいいってものでもないんですよね。

 

 

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で、

これを可愛らしく揶揄する話がありました。

 

※この回を実況中継しているブログはこちら→https://amba.to/2AcBsgp

 

番組の途中の「ガラピコぷ~」というコーナーです。

ガラピコというロボットと、チョロミー、ムームーという動物っぽいキャラクターの3人が

海に行くか山に行くか相談を始めました。

 

そこでガラピコが森を推します。

「理由は3つある!

1 森には観察するものがいっぱいあるから

2 かくれんぼやボール遊びが出来るから

3 わたくしは森が好きだから」

 

これに対しチョロミーは海を推します。

「理由は3つある!

1 広いから

2 大きいから

3 チョロミーが行きたいから」

 

結局、ムームーの提案で広場に行くことになりました。

しかし、広場で何をして遊ぶのかで意見が分かれます。

 

かくれんぼをしたいガラピコ。

「理由は3つある!

1 ここには隠れる場所があるから

2 かくれんぼは隠れてドキドキ見つけてワクワク楽しいから

3 わたくしはかくれんぼが好きだから」

 

これに対し、なわとびをしたいチョロミー。

「理由は3つある!

1 楽しいから

2 楽しいから!

3 楽しいから!!」

 

議論は噛み合いません。平行線をたどります。

 

ここで、ムームーがボール遊びを提案しました。

「理由は3つある。

1 かくれんぼだとチョロミーがつまらないから

2 縄跳びだとガラピコがつまらないから

3 ボール遊びだと3人とも仲良く遊べるから」

 

みんな仲良くボール遊びを始めて、おしまい♪

 

 

案外、大人でもガラピコとチョロミーのような議論をしていたり、

「ポイントは3つ」とか言いながら客観的な根拠になっていなかったり、

ありますねえ(笑)

 

 

問題解決型ディベートというか、

コンフリクト(葛藤、対立)への対処法というか。

 

「おかあさんといっしょ」、侮れません。

 

 

ちなみに、ポイントを3つ並べるときは

1と逆の観点で2、1&2とは逆の観点で3

つまり

(1⇔2)⇔3

の関係になるように分けると、いかにもロジカルに並べた感じになります。

最後のムームーの発言はこうなっていましたね。

 

(「逆」を表す適切な記号がないので、便宜的に⇔を使いました)

 

─────────────────────────────────

《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs



《日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ》

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。