「ポイントは3つあります(ドヤッ)」

 

意識高い系のビジネスマンがよく使う話法ですが、

ただ3つ並べればいいってものでもないんですよね。

 

 

NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」で、

これを可愛らしく揶揄する話がありました。

 

※この回を実況中継しているブログはこちら→https://amba.to/2AcBsgp

 

番組の途中の「ガラピコぷ~」というコーナーです。

ガラピコというロボットと、チョロミー、ムームーという動物っぽいキャラクターの3人が

海に行くか山に行くか相談を始めました。

 

そこでガラピコが森を推します。

「理由は3つある!

1 森には観察するものがいっぱいあるから

2 かくれんぼやボール遊びが出来るから

3 わたくしは森が好きだから」

 

これに対しチョロミーは海を推します。

「理由は3つある!

1 広いから

2 大きいから

3 チョロミーが行きたいから」

 

結局、ムームーの提案で広場に行くことになりました。

しかし、広場で何をして遊ぶのかで意見が分かれます。

 

かくれんぼをしたいガラピコ。

「理由は3つある!

1 ここには隠れる場所があるから

2 かくれんぼは隠れてドキドキ見つけてワクワク楽しいから

3 わたくしはかくれんぼが好きだから」

 

これに対し、なわとびをしたいチョロミー。

「理由は3つある!

1 楽しいから

2 楽しいから!

3 楽しいから!!」

 

議論は噛み合いません。平行線をたどります。

 

ここで、ムームーがボール遊びを提案しました。

「理由は3つある。

1 かくれんぼだとチョロミーがつまらないから

2 縄跳びだとガラピコがつまらないから

3 ボール遊びだと3人とも仲良く遊べるから」

 

みんな仲良くボール遊びを始めて、おしまい♪

 

 

案外、大人でもガラピコとチョロミーのような議論をしていたり、

「ポイントは3つ」とか言いながら客観的な根拠になっていなかったり、

ありますねえ(笑)

 

 

問題解決型ディベートというか、

コンフリクト(葛藤、対立)への対処法というか。

 

「おかあさんといっしょ」、侮れません。

 

 

ちなみに、ポイントを3つ並べるときは

1と逆の観点で2、1&2とは逆の観点で3

つまり

(1⇔2)⇔3

の関係になるように分けると、いかにもロジカルに並べた感じになります。

最後のムームーの発言はこうなっていましたね。

 

(「逆」を表す適切な記号がないので、便宜的に⇔を使いました)

 

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2019年04月19日(金) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング 〜正しく伝わる文章術〜」
http://bit.ly/2DNZE9F


◆2019年04月22日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2T6OtDu


◆2019年04月22日(月) 14:00~ 17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2Ud2ex3
─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師の話術」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、小論文指導に「問題解決のトレーニング」を導入する独自の手法で合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』は発売以来6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計15万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に国語の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。