「水辺の恋は破局の暗示」センター試験の小説は「感性」ではなく20種類以上の「法則」の組み合わせで書かれている件

 

私が初めて書いた出版企画書は

「センター試験に採用される小説の書き方」でした(笑)

 

(誰に話しても「プッw、誰が読むのww」というリアクションだったんですが。。。)

 

有名な作品だから問題に選ばれるというわけではないんですよ。

3000〜4000文字、文庫本でいうと5〜6ページの中で

いくつか「出題されるロジック」を含んでいる必要があるんです。

 

この「出題されるロジック」というのが、20〜30種類くらいあるんですが。。。

 

そのうちの1つに

「人間関係の変化は二段階」というのがあります。

 

たとえば「最初嫌いだった相手を最後に好きになる」という展開ってよくありますが、

一つのきっかけでポーンと気持ちが180度変わるんじゃないんですよ。

 

まず頭で相手を理解して、

次に感情が動かされる。この順番です。

 

ここにタイムラグがあって、しかも2回の転換点は意味合いが違うので

この違いを読み取れるかどうかが「読解力の差」として測られるわけです。

 

小説だけでなく、映画も漫画も仮面ライダーも、

売れる作品は必ず「人の理解は二段階」の法則になっています。

チェックしてみてください。

 

ついでにいうと、

「水辺で始まった恋は儚く終わる」という法則もあります。

 

水=形がない=不安定という象徴です。

 

公園の噴水の前での告白、水族館デート、二人でプールに落ちてびっくり&大笑い・・・

みたいなシーンがあったら、

近いうちにその二人は破局します。

 

小説家、脚本家、映画監督は実に細部まで計算して作り込んでいるんですよ。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.12.2 Vol.0461>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス