「東大女子お断り」の東大生サークルに「男女平等」を求めるのはフェミニズム的には正しくても合理的なんだろうか?問題

 

東京大学で「女性差別」が問題になっているそうです。

 

一部のサークルで

他大学の女子は入会OKなのに

東大女子はお断りされると。

 

波紋を呼んだ上野千鶴子名誉教授による入学式の祝辞でも指摘されていました。

https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/president/b_message31_03.html

 

でも、男子の気持ちもわからなくもない(笑)

男ってアホなので、女の子に「すごーい!」とか言われてチヤホヤされるのが気分いいんです。

 

だからお金払ってキャバクラ行くわけだし、

一流女優の奥様がいても格下女優との不倫に走るわけです。

 

この事態を受けて東京大学では

「東大女子お断り」のサークルに対し

「新歓イベントに参加させない」という方針を出したそうですが・・・

 

ここでの解決策は

「強制的に全サークルを男女平等にして、入れてもらう」ことでしょうかね?

 

上から言われて渋々東大女子を受け入れたようなサークルにいて、楽しいですか???

むしろもっとレベルの高い男たちを見つける方が得です。

 

おそらく東大生の中にも

東大に受かって人生のゴールに着いちゃった人と

東大から人生をスタートさせる人の二種類がいるわけですよ。

 

そうだとしたら、この二種類をフィルタリングするためにも

「東大女子お断り」サークルにはそのまま「お断り」を続けていただいた方が

棲み分けができていいんじゃないかと思います。

 

アホ全員を矯正できたら「理想的」かもしれませんが、

アホには目印をつけておく方が「合理的」です。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2020.1.30 Vol.0520>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス




《新サービスのお知らせ》

■【小論文のオキテ55方式】1か月集中「添削&質問し放題」パック
http://suzukieichi.com/1month-tensaku/


■『ビジネス文書「なんでも添削&コンサル」パック』
次回の募集は3月下旬の予定です。
http://suzukieichi.com/nandemotensaku/

《セミナーのお知らせ》

◆2019年2月27日(木) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2P8XwQF

◆2019年2月27日(木) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/36rkUPf

◆2020年03月10日(火) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/38IXGoN

◆2020年03月10日(火) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2RY1VX3