502428

昨日のセミナーの「問題解決ワーク」で、

若手社員の男性が

「問題点:日曜日に布団の中でスマホをいじってダラダラ過ごしてしまう」

わかります、それ(笑) 国民的問題かもしれない。

で、その続きはというと……

「解決策:枕の位置を変える」

 

ん? 枕???

 

聞いてみると、朝起きてスマホに手が届かないように枕の位置を反対にするということなのですが、

たぶんどっち向きでも寝るときに手を伸ばしてスマホを置いたら、起きたときも手が届きますよね。

 

この場合、解決策が悪いのではありません。

そもそも問題点が問題なのです。

 

日曜日に布団の中でスマホをいじってダラダラ過ごしても、それだけなら誰にも「実害」がありません。

むしろのんびりできて羨ましい過ごし方という見方もできます。

 

「スマホのせいで、やりたい勉強ができないのが実害ですかね? マーケティングの勉強をしたいんですけど……」

 

こうなると、問題はスマホ自体ではありません。

勉強のモチベーションがスマホの誘惑に負けていることが問題だったのです。

 

「ところで、そんなに勉強したい?」

「したいっていうか、将来のことを考えるとしなきゃいけないって……」

「したくないなら無理に勉強しなくてもいいのに」

「いや、そうはいってもやっぱり……」

 

ちょっと意地悪につついてみましたが、

勉強というのは「したい」と「しなければ」が分離すると、義務感になってしまい気が重いものです

 

「勉強したらこんないいことがあるだろう」という漠然としたイメージだけでは強いモチベーションにはなりません。それに届かなくても何も失わないからです。「実害」がないのです。

 

そこで、このイメージを何か目に見えるものに変換してみましょう。

たとえば「お金」とか。

 

マーケティングの勉強をしたら5年後、10年後にいくら稼げているか。

昇進・昇給だけでなく転職や独立の可能性も考慮して目標額を決めましょう。

たとえば「1年間勉強して、5年後に年収1000万円」と決めたら、

勉強が1年延びると1000万円が遠のくことになります。

1年間に日曜日は52回あるので、日曜日1回あたり19万円の損失!!

(ものすごく雑な計算ですが、たとえばの話ですから)

 

 

「ヤバイっすね! スマホいじってる場合じゃないっすね! 帰って勉強します!」

 

どうやら枕の位置を変える必要はなかったようです。

 




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》

◆2019年08月19日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2x6OTwp

◆2019年08月19日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2InFsiBhttp://bit.ly/2InFsiB

◆2019年09月27日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2XWWgBa

◆2019年09月27日(金) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/30FrH4K

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS



関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。