仕事柄、文体はいろいろ使い分けます。

論文、小論文の模範解答を書くときは「である」調。

ビジネス書やメルマガなど大人の読者に向けて書くときは「です・ます」調。

高校生向けの参考書を書くときは「だよね」調。
(「この手の問題って、難しいよね♪」みたいな)

 

一般的な国語の指導では、こう言われます。

「文体には『です・ます』調の敬体と『だ・である』調の常体があります。

文章を書くときはどちらかに統一しましょう」

 

でも、

 

自分の模範解答に「だ」を使った記憶がない・・・

 

実際に自分が書いたものを見てみました。

「〜である」「〜がある」「〜する」「〜している」「〜となる」「〜といえる」「〜と考えられる」は出てきますが、

「〜だ」は【ガッカリ答案】の例にしか使っていません。

 

そうなんです。

なんとなく幼稚に見える小論文には「〜だ」が多いんです。

 

「〜だ」という表現は「主観」のにおいがするんですよ。

辞書で確かめてみました。

① 断定または指定の意を表す。判断したり強く断定したりする。「彼は学生だ」「一足す二は三だ」
② 事柄を提示するのに用いる。「それは去年の暮れのことだ」「話はずっとさかのぼった昔の事だが,…」
③ (「活用語+のだ(んだ)」の形で)原因・理由・根拠などの説明をする。「校内暴力は,教師と生徒との不信から起こるのだ」決意を表す。「絶対ぼくはやめないんだ」相手の行動を指図することを表す。「さあ,早く歩くんだ」
④ (終止形を用いて)強く感情をこめた文をつくる。「さあ,勉強だ」「酒だ,酒だ。じゃんじゃん飲もう」

やっぱり「強調したい」という主観の表れのようです。

 

客観的説明で通すべき論文・小論文に

主観のニュアンスを含む「だ」は似合わないんです。

 

(あくまでも論文・小論文の話です。書籍のように著者個人の主張がある場合は「だ」も使われます)

 

 

そもそも

「です・ます」と「だ・である」という括り方も、対応が変です。

学生です。勉強します。
眠いです。昼寝します。

「です」は名詞や形容詞に続き、
「ます」は動詞に続きます。

学生だ。学生である。
眠い。昼寝する。

「だ」も「である」も名詞に続きます。

 

「の」をつけると動詞にも続きますが、

勉強するのだ。

バカボンのパパを思い出しました。

 

 

さて、

明治の言文一致運動から130年、

「論文は『だ・である』調で書きましょう」と教えられてきて、

うっかり私も講義ではそう言ってしまっていたのですが(汗)、

 

正しくは

「『だ』ではなく『である・する』で書きましょう」と教えるべきですね。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.6.24 Vol.0300>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!!】

◆2019年11月19日(月) 10:00〜 17:00【NEW!!】
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2


◆2019年09月27日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2XWWgBa

◆2019年09月27日(金) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/30FrH4K

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS


◆2019年11月01日(金) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2MqVGdJ

◆2019年11月01日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/31JfAEq

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。