cd41b73d5a5bb6c10aa5e2e6aeffa322_s

ロジカルコミュニケーション・コンサルタントの鈴木鋭智です。

企業研修やビジネスセミナーで「仕事における論理的な書き方・話し方・議論の仕方」を教える仕事をしていますが、

いまだに「国語の先生」とよく呼ばれます。

 

実際、数年前まで予備校で「国語の先生」をやっていたので確かにそうなんですが。

その頃書いた『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』という参考書もおかげさまでヒットしたので、やっぱり「小論文の先生」「国語の先生」と呼ばれます。

 

でも「国語の先生」と名乗ると、よく誤解されるんですよね。

「国語の先生ですか。じゃあ字なんかお上手なんでしょうね」

いえいえ、字が下手だからパワーポイントを使っているんです。

「文学とかお詳しいんですよね?」

ぶっちゃけ、大人になってから文学作品はほとんど読まないですね。(笑)

 

学校の「国語」にも、いろいろあるんですよ。

 

学校の「国語」という科目には大きく分けて2つのジャンルがあることをご存知でしょうか?

「古文と現代文」という括りではありません。

「教養」と「ロジック」です。

 

「教養」というのは・・・

・美しい日本語の表現
・正しい敬語の使い方
・漢字や熟語の知識
・手紙の作法
・文学の知識

多くの方が小中高の「国語の授業」として思い浮かべるのはこれらだと思います。

 

これに対し「ロジック」というのは・・・

・誤解されない説明の仕方
・的を射た受け答えの仕方

これは「聞いたことないよ」という方が多いでしょう。

実は学習指導要領をよーーーーっく読むと「論理的に」という文言はチラチラ出てきます。

ただ、チラチラ程度なので現場で体系的に教えられることはほとんどありません。

そこがこの国の国語教育の大きな欠陥なのですが、その話はまた後日。

 

学校がそんな現状なのは仕方ないとして、

現代のビジネスマンにとって必要な「国語力」は「教養」か「ロジック」かといったら、

それは断然「ロジック」です。

 

その理由は二つ。

1 敬語や漢字、文学史の知識は検索すれば済むから。

2 日本語の教養は日本国内だけのローカルルールに過ぎないから。

 

いまの時代、どこの会社でも取引先が外国の企業というのは普通です。

お客様が外国人というケースも急増しています。

部下が外国人、上司が外国人という職場もこれからますます増えるでしょう。

 

日本国内でしか通用しない知識で頭をいっぱいにしている「教養人」が活躍できる場は年々狭まっているのです。

 

和歌や漢文の素養で出世できたのは平安時代の話。

達筆であることが出世の条件だったのは明治時代の官僚。

グローバルなビジネスにおける共通言語は、英語よりもロジックです。

 

まず、論理的な書き方・話し方・議論の仕方を磨きましょう。

きれいな外国語に訳すのは優秀なスタッフに任せればいいんです。

7ab83206894e577c7802d53162a2e07e_s

─────────────────────────────────


《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg



《セミナーのお知らせ》

◆2018年12月21日(金) 10:00~ 13:00 【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2xZZx8W


◆2018年12月21日(金) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2IBjpmR


◆2019年1月23日(水) 13:00~17:00
大阪商工会議所「問題をサクッと解決できる『ミニマル思考』講座」
http://bit.ly/2CA7BRs


◆2019年1月28日(月) 10:00~13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2zGZD6f


◆2019年1月28日(月) 14:00~17:00 【残席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2UqNRWu

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。