男性が家事を手伝うと、

奥さんに文句を言われるという話、よく聞きます(笑)

 

「中途半端に終わらせてドヤ顔するな」とか

「他にすることあるのに、そこだけ凝って時間かけるな」とか

「配置や手順を勝手に変えるな」とか。

 

それでご主人がやる気をなくす、グレる・・・

 

家事の分担で夫が叱られるケースでは、

奥さんに「独自のルール」があることが多いですね。

 

食器を拭くのはどの布巾、とか

スライサーはどの引き出しにしまうのか、とか。

 

毎日台所仕事をしていると、

奥さんなりに「この方が合理的」という経験値から

いろんなルールが自然発生していくわけですが、

 

ご主人はそれを知らないわけですよ。

 

だから奥さんはイライラするんですね。

 

家事を分担するなら、ルールを共有しましょう。

 

それもただ「洗って、拭いて」ではなく

「最後はシンク周りの水滴を拭いて、台所の電気を消す」まで具体的に。

 

ここまでルールにしてもらうと、ちゃんとできるんです。

 

 

面倒くさいですか?

でも、その面倒くささも大事なんです。

 

すべてのルールを言語化して伝えるのが面倒になってくると、

「このルールは必要なの?」

「ここはやり方が違っても問題ないかも」

といった部分が見えてきます。

 

ここから、ルールを簡素化することになるんですね。

 

シンプルで、明文化されたルールがあれば、

「はじめてのお手伝い」でも、従うことができます。

 

 

家の中だけではありません。

 

 

外国人が地域に増えると、

ゴミの分別やら夜中の騒音やらでトラブルになることが多いものです。

これも案外、暗黙のルールが原因だったりします。

 

「深夜に騒ぐな」といっても

12時以降がダメなのか、10時なのか、8時なのか。

話し声、歌、テレビの音、どの音は許され、どの音はダメなのか。

明文化されていないものです。

だから解釈のズレが発生するんです。

 

あるいは出身国によっては

リサイクルやゴミ処理のシステムについて

本当に知らない大人も少なくありません。

 

こういう人に「ゴミを分別しなさい」と結論だけ言っても、

「何のためかわからない謎ルール」に思えて

従う必要性を感じられないんです。

 

 

「雑な人、だらしない人、迷惑な人」にも、ちゃんと理由があります。

まずは暗黙のルールを言語化、シンプル化してみましょう。




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》


◆2019年07月10日(水) 15:30~17:30
〈人事・部門教育ご担当者様向け かんき出版無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ

◆2019年07月16日(火) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2JWyxOz

◆2019年07月16日(火) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2QcPl4Y

◆2019年08月19日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2x6OTwp

◆2019年08月19日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2InFsiB


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。