教育の世界ではよく、

「学力がすべてじゃない」なんて言われます。

 

では、

学力じゃないなら、何が大事なの?

 

実はこれをはっきり定義できず、迷走してきたのが日本の教育行政です。

 

 

かつては「ゆとり」でした。

→結局やめました。

 

 

その後「生きる力」とも言われましたが・・・

山中でサバイバルすること?
ちゃんと就職できること?
友だちをたくさん作れること?
自炊して一人暮らしができること?
うまく立ち回っていじめから身を守ること?

人によって解釈がバラバラなので、最近はあまり聞かなくなりました。

 

 

「考える力」「思考力」と言われることもありますが・・・

これでは難しい数学の問題を解くこととの区別がつきません。

結局、学力でしょ? と話が戻ってしまいました。

 

 

というわけで、

「学力に代わる力」というやつを

私が代わりに定義して差し上げましょう!!

 

 

大人のみなさんが「学力」に代わる力としてイメージしていたものって、

 

 

「アイデアを生む力」じゃないですか?

 

 

かつての「ゆとり」だって、

既存の知識を詰め込むより、新しいアイデアを生み出す「ゆとり」が欲しかったんでしょうし、

 

「生きる力」というのも、

未知の状況に直面したとき、アイデアで切り抜ける力のことだったんでしょうし、

 

「考える力」「思考力」というのも、

公式を覚えて解くのではなく、解決のためのアイデアを出すことだったはずです。

 

 

それに「ゆとり」も「生きる力」も「考える力」も

あるのかないのか、目に見えません。

 

でも「アイデア」なら形になります。目に見えます。

実物でも、スケッチでも、言葉でも。

 

 

大学に入ってからゼミや卒論で活躍できる人も

企業に就職してから成果を出して稼ぐ人も

共通するのは「アイデア」を出せることです。

 

 

「アイデアを出しましょう!」

と教育現場がはっきり言えなかったために

 

生徒は宿題を業者に丸投げし、

親は「何回言ったらわかるのーーーっ?!」とヒステリックに叫び、

先生は自分たちの長時間勤務を改善できずにいる。

 

日本の教育を変えるキーワードは

「アイデア」です。

 

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。