「公務員試験では忖度のない意見を書くんだぞ」と2020年に向けて勉強する大学生たちに最初に言っておきたい件

 

公務員試験は2020年の春夏に向けて

この時期から勉強が本格化します。

 

CSS公務員セミナーでも

11月から「文章理解」(マークシートの教養試験で2割を占める)の講義が始まり、

12月から「教養論文」(採用枠によって論文とか論作文とか作文とか小論文と呼ばれますが、同じです)の講義がスタートします。

 

それに向けて、2019年に出題された各省庁・自治体の問題を振り返っているところなんですが、

今年面白かったのは千葉県庁の問題ですね。

 

「これからの公務員の数はどのようにしていくべきか。

 1減らしていくべき 2現状維持 3増やしていくべき

 の中から選び論ぜよ」

 

これ、どう答えます?

 

「減らすべき」といいつつ「でも自分は雇ってくれ」というのも図々しいような気がするし、

「増やすべき」というのも、既得権益を守りたいお役所に忖度しているように思われそうだし、

「現状維持」とかいって「事なかれ主義の消極的な人」とみなされるのも嫌だし、

まさか「4 まず森田健作知事を辞めさせろ」なんて書くわけにもいかないし・・・

 

おそらく1〜3のどれを選んだかは評価の対象ではないでしょう。

公務員を「増やすべき」「減らすべき」どちらにも一理あり、

どちらにも問題がありますから。

 

どれを選んだとしても、

そのメリット(必要性)を述べた上で

デメリットに対するフォロー(解決策)を書く必要があります。

 

こういうときは「雇ってもらう立場」としての忖度は捨てるのがコツです。

自分の立場は棚に上げて、中立の立場から行政のあり方を考えましょう。

「忖度」というのは、判断を狂わせますから。

 

モリカケ問題も大学入試改革も

文部科学省が最初に「NO」と言っていたらあんなメチャクチャなことにはならなかったわけで。

おそらく現役公務員のみなさんも

「忖度するとロクなことにならない」というのは痛感しているはずです。

 

だからこそ、「忖度しない中立性」を見せつけてやりましょう!

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.11.15 Vol.0444>



《セミナーのお知らせ》

◆2019年12月17日(火) 19:00〜21:00【NEW!!】

KADOKAWAビジネスセミナー
「大人の小論文講座 ベストセラー作家・カリスマ講師が教えるロジカルライティング」

会場:五番町グランドビル7F KADOKAWAセミナールーム(東京・市ヶ谷)
ご案内 http://bit.ly/34Phll2
お申し込み http://bit.ly/2KbYyZ8



◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz

◆2020年01月27日(月) 10:00~ 13:00
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2N6UQBY

◆2020年01月27日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2WASXk4




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス