「人間は他人の言うことを聞く筋合いはない」という前提で子どもや生徒や部下を動かすクールな方法を考えてみたい件

 

私のボキャブラリーには

「言うことを聞く」という言葉がありません。

 

「ちゃんと言うこと聞きなさい!」

「何で言うこと聞かないの!」

「あんたが言うこと聞かないからでしょ!」

 

フードコートでも交通機関でも、

親子連れのいるところではあちこちから聞こえてくるフレーズですが、

 

私自身は「言うことを聞く」という言葉を

人生で使ったことがありません。自分の子どもたちに対しても。

 

「言うことを聞け」って、

奴隷ですか? ロボットですか? 犬ですか?

そこらの「差別用語」よりも非人道的なニオイのする言葉です。

 

人間には他人の「言うことを聞く」筋合いなんかないわけで。

 

では他人に何かしてほしいときはどうするか?

「交渉」するか「お願い」するか、「そそのかす」。

 

毎回、頭の体操みたいで疲れますが(笑)

毎回、成功するとも限りませんが(苦笑)

 

怒鳴って叱って家庭内や職場やフードコートを殺伐とさせるよりは

LOVE & PEACE な方がいいんじゃないでしょうか?

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2020.2.16 Vol.0537>



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス