小学校でプログラミング教育

なんて数年前から言われ始めましたけれど・・・

 

個人的にはプログラミングを学ぶのはいいと思いますよ。

私が大学生だった頃は「BASIC」でした。

(その後、Macintoshを買って「HyperCard」に出会います)

特に何かに活用するというわけではなく

純粋におもちゃとして楽しんでいましたね。

 

 

ループさせたり、条件で分岐させたり、無駄な手順を減らしたりという

パズル的な工夫が楽しくて、

その後の自分の頭の使い方が大きく変わった自覚があります。

 

 

なので、

別にプログラマを目指さなくても、IT業界に就職しなくても、

私立文系に進む子でも、

子どもの頃からプログラミング教育があるのはいいなと思っていたのですが。。。。。

 

 

どうも話を聞いてみると、

学校の現場では「プログラミング教育」の意味がどんどん後退しているようで、

 

パソコン使って

絵を描くとか

作曲するとか

動画を編集するとか

 

それって、ユーザーを育てているだけっすよね?

 

もちろん「Scratch」など子どもでも使えるプログラミングのツールで

本格的に教える学校もあるでしょうから、

二極化していくことが予想されます。

 

 

仕掛けを「作る教育」と「使う教育」に。

 

 

と、ここまで書いてふと思いました。

うちの子が来年から通う近所の小学校は

「どっち側」だろう???

 

 

ちなみに、

うちの子たちにやらせているのは「Code.org」。

https://code.org

パズルのようにコマンドを並べて、キャラクターを動かして遊びます。

上の子は先日、ループの使い方を間違えて、

画面がゾンビだらけになって大笑いしていました。

間違えたおかげで「無限ループ」を知ったようです。

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。