「スターはみんな偏食」説

うちの下の子(3歳)がものすごい偏食なんです。

 

ピザ、ご飯、納豆、塩鮭、マグロの刺し身しか食べません。

野菜、麺類、ハンバーグ、一切口に入れません。

 

なので幼稚園の給食も

白米しか食べない日もあれば、

みんな大好きなスパゲッティとミートボールの日なのに

何も食べずに過ごしていたりします。

 

 

いま流行のファスティングか?!

 

 

ですが、

意外と健康ですくすく育っているんですよ。

まあ、いっか(笑)

 

幸い、幼稚園の先生が無理強いせず見守ってくれるので

チビも食べないなりに幼稚園を楽しんでくれています。

 

 

(ここからは、

これまで誰からも賛同されたことのない

私の偏食肯定論です)

 

 

偏食、いいじゃないですか。

 

スティーブ・ジョブズは菜食主義者だったし、

ウォーレン・バフェットは毎日ハンバーガーとコーラ。

 

動物園でも

ライオンは肉しか食べないし、

パンダは笹しか食べないじゃないですか。

 

スターはみんな偏食なんです☆

 

バランスの取れた無難な大人もいいけれど、

偏っていて、とんがった人間になってくれるのも

親としては面白い。

 

なんて言うと、大体

「はあ? なに屁理屈言ってんの?!」

と一蹴されてしまうんですが。。。

 

 

ちなみに

上の子もこんな感じで好きなようにさせていましたが、

5歳になったら「少食だけど何でも食べる」ようになりました。

大人があれこれ言わなくても、

子どもは勝手に落とし所を見つけるようです。

 

 

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス