先日の、チンパンジーとオランウータンの話の続きです。

(箱を開けてバナナを取るのに、チンパンジーはガチャガチャ試しまくり、オランウータンはじーーーっと見ているが、結局かかる時間は変わらない、という話)

 

実はあの話、ある大学の小論文で出題されたものです。

「この実験から考えられる、日本の教育の問題点について論じなさい」

 

この場合、望ましい問題提起はこうです。

「オランウータン型の、何を考えているかわからない子は学校で評価されにくい」

 

ところが高校生の半分はこう書いちゃうんですよ。

「オランウータン型の怠け者に努力をさせるにはどうすべきか」

 

「所要時間は同じ」と書いてあるのを見落としただろ!

怖いですね。ちゃんと読まないで書くと、第一段落でアウトです。

これが大学入試の小論文。

 

 

さて、第一段落が

問題提起「『何も考えてない』と誤解される子がいる」であれば、

次は第二段落、原因分析「なぜそうなるのか」なんですが・・・・

 

ここでまた高校生たちの答案は2つに分かれます。

「なぜオランウータン型の子は『何も考えてない』ように誤解されるのか?」

「なぜ学校の先生は、オランウータン型の子が『実は考えている』ことを見落とすのか?」

 

この2つの問い、主語が異なります。

「なぜオランウータン型の子は誤解されるのか?」と問うと、

「オランウータン型の子はじーーーっとしていて動かないから」

あれ?

堂々巡りしているようなww

このまま解決策を考えると

「動き回ってやる気アピールをするべきだ」と続いてしまい、

オランウータン型の良さを全否定する本末転倒な結論に至ってしまいます。

 

これに対して、

「なぜ学校の先生は見落とすのか?」という問い方だと、

「学校の先生は忙しいし、宿題の締め切りとか定期テストとか期限内に生徒を評価しなきゃいけないし、内申点は先生の主観に左右されるし・・・」

と、学校の仕組みの問題が次々と浮かび上がってきます。

 

「なぜ?」の主語を「生徒」にするか「先生」にするかによって、

議論の方向性はこれまた180度変わってくるんですよ。

 

 

ここまでくると、第三段落の解決策は

「学校の評価の仕組みをどう変えるか」になります。建設的な提案でいいですね。

(ここからは具体的な提案内容で合否の差がつくことはありません。実効性があるかどうかはやってみなければ証明できませんから)

 

このように

受かる小論文と落ちる小論文は

問題解決の思考回路が明らかに違うんです。

 

あ、これをフローチャートにすればいいのか!

次の本でやってみよう。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.7.10 Vol.0316>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》


◆2019年07月10日(水) 15:30~17:30
〈人事・部門教育ご担当者様向け かんき出版無料体験デモセミナー〉
「スッキリ文書で生産性アップ! 「ロジカルライティング」」
http://bit.ly/2GzibrJ

◆2019年07月16日(火) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2JWyxOz

◆2019年07月16日(火) 14:00~ 17:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/2QcPl4Y

◆2019年08月19日(月) 10:00~ 13:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「問題解決のためのミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2x6OTwp

◆2019年08月19日(月) 14:00~ 17:00
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てるプレゼンの技術」
http://bit.ly/2InFsiB


関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。