冷蔵庫を開けたママが

「あ、プリン買ってなかった」と言った途端、

チビたちが

「プリン食べたかったのにぃ!」と騒ぎ出します。

 

ウソつけ! この瞬間までプリンの存在なんか忘れてたくせに!

 

「コアラのマーチあるから食べなよ」

「やだ!プリンがいい!」

 

不思議ですね。

人間というのは「ないもの」が猛烈に欲しくなって

「あるもの」に気づかなくなるんですよ。

 

子どもだけでなく、

人生あるあるだと思います。

 

別れるたびに「やっぱりあなたのことが好きだったの」とかいって

離れたりくっついたりを繰り返すカップルも

 

「スイッチがオフになるたびオンになる」という無限ループにはまっていて、

これはもうプログラムの初歩的なバグです。

 

 

「ないもの」ではなく、「あるもの」を活かしましょう。

 

 

起業とか副業とか独立とか、

自分の力で稼ごうとするとき、

使える資源(リソース)というのは人それぞれ違います。

 

資格とか貯金だけじゃないんですよ。

友人、知人も大きなリソースです。

仕事のチャンスって、友人知人のコネを伝わってくるものですからね。

 

多くの人は「人脈」というと

仕事でつきあいのある、肩書をもった人ばかり頭に思い浮かべがちです。

でも昔の同級生が意外な業界で活躍しているかもしれないし、

ママ友が出産前は意外な特技で稼いでいたかもしれない。

 

業務以外で「面識のある人」を200人書き並べてみると、

100人超えたあたりから「普段は完全に忘れている人」を発掘することになります。

 

 

「どこに住んでいるか」もリソースです。

都会にあるもの、田舎にあるもの、みんな違いますから。

私は「埼玉ネタ」をよく使わせてもらっています。

 

 

いままで勤めた会社の看板というのも大きなリソースです。

私の「元代ゼミ」は受験業界では「負け組ブランド」なので隠していた時期があったんですが、

40代以上の世代にとってはいまだに「講師の代ゼミ」なんですよね。

これに気づいてから要領よく使わせてもらっています。

 

 

人って、自分が持っている「価値ある資源」に気づかないものなんです。

で、目立つ資源を活用している他人を見て「あれ欲しい」とか「ああなりたい」とかいうんです。

 

「ないもの」を欲しがる前に

「あるもの」の価値に気づきましょう。

 

自分が持つ「すべての資源(リソース)」の棚卸しをしてみましょう。

お宝が眠っているかもしれません。

<メルマガ【ミニマル思考カフェ】2019.9.11 Vol.0379>




《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス



《セミナーのお知らせ》【NEW!!】

◆2019年10月10日(木) 10:00~ 17:00
SMBCビジネスセミナー「ロジカル・ライティング~正しく伝わる文章術~」
http://bit.ly/2YWmepS

◆2019年11月01日(金) 10:00~ 13:00【満席御礼】
SMBC定額制セミナー「報連相に強くなる ロジカルコミュニケーション」
http://bit.ly/2MqVGdJ

◆2019年11月01日(金) 14:00~ 17:00【空席わずか】
SMBC定額制セミナー「仕事の評価と成果を上げる ロジカル文章術」
http://bit.ly/31JfAEq

◆2019年11月19日(月) 10:00〜 17:00
りそな総研セミナー「論理的に「答える」「書く」、伝える技術」
ご案内 http://bit.ly/2ZtlYCr
お申し込み http://bit.ly/2ZB4HD2


◆2019年12月09日(月) 10:00~ 13:00【NEW!!】
SMBC定額制セミナー「問題解決のための ミニマルシンキング(最小限の思考法)」
http://bit.ly/2neqWl5

◆2019年12月09日(月) 14:00~ 17:00【NEW!!】
SMBC定額制セミナー「伝わる、勝てる プレゼンの技術」
http://bit.ly/2mnRcJz



関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)
ロジカルシンキング&ライティング講師
ビジネス書・受験参考書著者
株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問講師
「ビジネス書著者のロジック✕予備校講師のわかりやすさ」を武器とする企業研修講師。
若手社員〜管理職の問題解決トレーニングのほか、広報・セールスライティングのコンサルティング、プロの著者を対象とした文章指導など幅広く活動。
公開セミナーでは満席御礼を連発し、「受講翌日に契約が取れた」「職場の人間関係が改善できた」「笑いと学びが濃密で3時間まったく飽きない」などの評価を得るほか、セミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は韓国、台湾でも翻訳出版される。
代々木ゼミナール講師時代、ロジカルシンキングを高校生向けにアレンジした参考書『何を書けばいいかわからない人のための小論文のオキテ55』を出版。発売から6年連続Amazonカテゴリ1位、シリーズ累計16万部のヒットとなり、2013年から2014年までNHK Eテレ「テストの花道」に小論文の先生として出演する。
1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。