「さくらんぼ計算」は方法の1つであって、合わない子はさっさと別の方法を試した方がいい

みなさん、「さくらんぼ計算」というのをご存知でしょうか?

 

たとえば「15ー7」。

 

まず7を5と2に分解します。

15ー 7
   /\ ←この図がさくらんぼ
  5  2

 

15から5を引いて10

さらに2を引いて8。

 

いまの小学1年生はこう習うんですよ。

「15ー7=15−5ー2」の方がわかりやすい気もしますが。。。

 

 

それがですね、

うちの子のノートを見たら・・・

 

 

な、なんじゃこりゃぁぁぁ?!

間違いだらけじゃないか?!

 

15−7=3 とか書いてます。

うちの子、こんなにバカだったっけ?!

 

もう1回やってみ?と言ったら

15ー7
10

と、いきなり「10」を書き込むんですよ。

 

いやいや、先に7を5と2に「さくらんぼ」するから「15ー5」で10になるんであって、

さくらんぼ描く前に10が出てくるって、順番違うだろ。

 

「なんで10って書いた?」

「うーん、なんとなく」

 

キターーーーーーーーーー!!!

 

意味わからないので、とりあえず形だけ真似したパターン!

家庭教師時代に何人も見てきた「ドロップアウトちゃん」たちと同じだ!

 

続いて、

15ー 7
10 /\
  5  2

と、さくらんぼを描いて

答えが「3」って、何でやねん?!

 

もしかして、10から7引いてない? 2じゃなくて。

 

案の定、他の問題も

10から分解前の数字を引いていました。

「さくらんぼ」を作る目的がわかってない!!

 

 

「どんな教え方しとんねん、ゴルァ?!」

と学校を責めますか?

 

いやいや。

 

担任の先生、

うちの子の雑で下手な「作品」や「お手紙」をいつも笑顔で受け取ってくれるんですよ。

カマキリとリスの写真なんて、1日教室に飾ってくれたんですよ(涙)

 

文句なんて言えない(苦笑)

 

先生の教え方には文句を言わず、うちの子の理解を修正することにしました。

「15ー5ー2と同じじゃん?」

「あ、そっか」

 

 

テクニックを教えると、

意味も考えず形だけ真似する子が一定数いるんですが、

 

テクニックを教えることが悪いのではなく、

形だけ真似してしまう子が悪いのでもなく、

人によって合うやり方が異なるんだと思います。

 

なので、1つのテクニックを全員にマスターさせようとするより、

別解を何通りも用意して合うものを選ばせる方が

 

落ちこぼれを防ぐという意味では確実かもしれません。

 



《メルマガ登録をおすすめします!!》

日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】

日々アップデートされる鈴木鋭智のコンテンツ。
その最新版をお届けします。

セミナー、出版の最新情報、
さらにはブログには書けないディープな話も。

ブログにアクセスしなくても、毎日お昼ごろに届きます。


かんたん登録はこちらから
登録 解除
*メールアドレス