%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

問題です。
このグラフからわかることを、簡単に説明しなさい。

 

 

「医学の進歩のおかげで結核による死亡者が減った」と答えた方、残念です。

グラフをよく見てください。

結核菌が発見される以前から、死亡者数は急激に減り始めていたのです。

つまり医学の進歩とは別の理由があったはず。

したがってこの問いへの答えは

「衛生状態や栄養状態の改善によって結核の患者が減った」が妥当です。

もちろん、「医学以外の理由」としては他にも「人間の体が結核菌に耐性を持った」「結核を媒介する動物が減った」「地球温暖化」などの可能性もありますが、

 

大事なのは「医学の進歩が理由ではない」ことに気づいたかどうか。

衛生状態なのか地球温暖化なのかという検証は、その後の話になります。

 

この問題、2002年の福島県立医科大学の入試問題の一部です。

この時代、同大学は常識や先入観を覆す、クールな問題を数多く出していました。

一方、赤本や大手予備校の解答は軒並み「医学の進歩によって……」。

「どこかに書いてある正解」を探してくるという、昔ながらの「優等生思考」から抜けられなかったようです。

 

 

一般的に、「理解力、読解力」といえば「そこに書いてあるものを拾う能力」と思われがちですが、

それは単なる視力検査、検索能力にすぎません。時間さえかければ誰でもできますし、機械の方がはるかに速く正確です。

 

他人に差をつける理解力、人工知能に代替されない読解力とは

「そこにないことに気づく能力」なのではないでしょうか。

 

 

─────────────────────────────────

◆日刊メールマガジン【ミニマル思考カフェ】のお知らせ◆

セミナーの復習に、お仕事のヒントに、暇つぶしに。

ときにはブログに書けないディープな話も。

毎日昼休みに配信される、ゆる〜く軽〜い無料メルマガです。


かんたん登録はこちらからhttp://bit.ly/2IcybjD

バックナンバーはこちら→http://bit.ly/2IeQbKg

─────────────────────────────────

関連記事

鈴木鋭智(Eichi Suzuki)

「『考える』のではなく『捨てる』“超”ロジカルシンキング」を得意とする企業研修、ビジネスセミナー講師。株式会社キャリア・サポート・セミナー顧問。代々木ゼミナール講師時代、小論文を「文章表現ではなく問題解決の科目」と再定義することにより合格率を倍増。参考書『何を書けばいいかわからない人のための 小論文のオキテ55』はシリーズ累計14万部を超えるヒットとなり、NHK Eテレ「テストの花道」はじめテレビ、雑誌でも活躍する。ビジネスの現場にも即応用できる問題解決メソッドとして、SMBCビジネスセミナーへの登壇を機に社会人教育に転身。満員御礼を連発するセミナーの内容をまとめたビジネス書『ミニマル思考 世界一単純な問題解決のルール』は台湾、韓国でも翻訳出版される。1969年、青森県生まれ。東北大学大学院文学研究科修士課程修了(認知心理学専攻)。